ニュース
» 2018年12月20日 17時13分 公開

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが増加 不審なメール開かぬよう注意喚起

うっかりURL先で情報を入力して「登録」などのボタンを押してしまうと、個人情報が攻撃者に渡る恐れが。

[ねとらぼ]

 Yahoo! JAPANをかたるフィッシングメールの報告が11月30日ごろから増加しているとして、同社は不審なメールを開かないよう注意喚起しています。

Yahoo! JAPANをかたるメール

 確認されているフィッシングメールの件名は、「【Yahoo!Japan】緊急!パスワード初期化のご連絡」「【Yahoo!ウォレット】パスワード初期化のご連絡」「[Yahoo!ウォレット]重要!ログインアラート」「【重要】Yahoo!ウォレット - ログインアラート」「【重要】Yahoo!ウォレット - パスワード初期化のご連絡」など。

 当該メールは上記の件名や誘導先のURLを少しずつ変えながら、12月19日現在も無差別に送信されています。誘導先のフィッシングサイトではYahoo! JAPANのロゴも使用しており、フォームに情報を入力して「登録」などのボタンを押してしまうと、Yahoo! JAPAN IDとパスワード、住所や電話番号、クレジットカードの番号や有効期限といった情報が攻撃者の手に渡る恐れがあります。

フィッシングサイトの例

 フィッシングサイトは表示しただけでは情報は盗まれず、不審なメールを受信した場合は開かずに削除するよう同社は呼び掛けています。フィッシング詐欺や不正メールかどうかの判断が難しい場合は、メール内のURLはクリックせず、普段使っているブラウザの「お気に入り(ブックマーク)」や検索サイトから目的のWebサイトへアクセスするよう推奨。最新の情報は専用ページで更新中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.