連載
» 2018年12月21日 23時00分 公開

ベッドの上でキスしながら「好きにならないでね?」って、残酷過ぎるよ先輩 「やがて君になる」12話(1/2 ページ)

言葉にせず隠している感情が、痛い。

[たまごまご,ねとらぼ]

やがて君になる (C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

 人を好きになるって、なんだかとっても難しい。「やがて君になる」(原作アニメは、思春期に体験する「止められない恋」と「恋がわからない」気持ちを繊細に描いた作品。しっかり者なのに好きな人に甘えてしまう先輩と、人を好きになれない後輩の、ちょっぴり厄介なガールズラブストーリー。


やがて君になる


今までのあらすじ

 高校一年生の小糸侑(ゆう)と、二年生の七海燈子。クールで優等生な燈子は、侑のことをすっかり大好きになり、デレデレに。

 超完璧な先輩に見えて、実は弱いところもあるのに頑張りすぎている燈子。侑は彼女の支えになろうと考えて、生徒会を手伝うことに。燈子は生徒会職務を忙しくこなすかたわら、リフレッシュで侑に甘えっぱなし。唐突にキスを求めたりと、少々暴走気味。

 もっとも侑はそれが嫌ではない。ただ彼女は「私を好きにならないで」という、燈子からの願いに縛られていた。

 死んだ姉のように立派になりたいと願う燈子は、生徒会劇を完成させようと奮闘。ところが練習合宿の日、かつての姉を知る人から、姉と燈子は似ていないといわれ、困惑。自分を見失いかける。


傷をえぐる演劇

 燈子は、死んだ姉のように立派になろうと気を張っており、元々の自分のことを嫌っている。知っているのは侑と、燈子に思いを寄せている親友の佐伯沙弥香だけです。

 けれども今回の劇の脚本を書いた叶こよみが、「記憶喪失で、いろいろな人が語る全く異なる人物像の自分に、とまどう少女」をヒロインとして書いてきたもんだから、これが燈子にグサグサ刺さる。偶然ではなく、叶による人間観察の結果のシナリオです。鋭い。


画像 セリフを言いながら、シンクロ率ぐいぐいアップ(4巻P144)

 人間の多面性を描いた脚本。同じ個人でも、ほかの人それぞれから見る角度によって、人間は違って見えるもの。

 燈子の演じる少女「みんなに違う仮面をかぶって 仮面の下の私のことはもう誰にもわからない 私にも 永遠に! ……だったら仮面のどれかが本物だったと信じて どれか一人を選んで生きていくしかないじゃない……」

 燈子は「優等生」の仮面をかぶって、演じている真っ最中。ところが姉はほかの人から見ると、案外立派ではなかったらしい。じゃあ自分は誰になりたいんだろう?

 台本読み合わせのシーンの燈子は、鬼気迫るものがあります。演じている、ではなく、登場人物そのものになっている。セリフには燈子自身の困惑が上乗せされ、迫力満点。

 うん、劇としてはいいですよ。でも燈子は、パンクしちゃうんじゃないの?


画像 燈子の本音を知っている2人(4巻P148)

 燈子がヤバそうだ、と気付いたのは、事情を知っている侑と沙弥香の2人。ほかの人は、すげえ演技だ、程度に感じていた様子。

 このままではいけない、迷走する先輩が変わるチャンスだ、と考えているのが侑。一方沙弥香は、今を耐えて乗り越えることで何らかプラスになるだろう、という現状維持を重視。「悪いことではないと思う」として見ています。

 どっちが正しいではない。演劇台本の中身と同様、視点と立ち位置の違いです。


嫌いにならないで、好きにならないで

 不安でいっぱいの燈子。彼女が最も怖いのは、侑に嫌われることです。甘えすぎちゃうし、もっとやらしいこと(本人談)したいとも思ってしまう。そばには、自分のことを好きでも嫌いでもない侑が、「好き」の気持ちを受け止め、存在してくれている。今の状態が幸せな燈子は、関係が崩れることを極端に恐れます。

 もっとも侑は置物じゃないわけで。今回は珍しく、侑から一歩踏み出します。

 侑「一緒に帰りましょう」「うちに寄っていきませんか」


画像 先輩めっちゃたじろぐ(4巻P155)

 燈子は以前、侑の部屋にあがった時に、こっそりベッドに顔をうずめちゃったりした子。なので、我慢できないんじゃないか、嫌われるんじゃないかとブレーキを踏むのはよくわかる。

 確かに燈子は、侑との関係では相当甘えん坊でやらかしてきた方です。でも侑は「完全な肯定」も「完全な拒絶」もしていません。俯瞰して見ながら、常に燈子を受け入れつつ、かつ受け入れすぎないように、うまい位置を保ってきました。

 侑「ほかの人を好きにならないし 先輩を好きにも嫌いにもならない ちゃんと守ってるんだから 先輩も信じてください わたしのこと」

 こういう時こそちゃんと甘えてくださいよ、と言わんばかりのかっこいいセリフ。これを聞いて、あらゆるストレスの中から顔を出したのが、赤ちゃんのような燈子の姿。


画像 絵に描いたような「甘える」姿、かわいい(4巻P158)

 これ以上ないくらい甘えん坊だな! 恋愛の駆け引き的な行動ではなさそうなので、素なんでしょう。侑もさすがに想像はしていなかった様子。

 ただ、「この後」の行動はなんとなく2人とも予想はしていたはず。


画像 キスも慣れてきましたね(4巻P160)

 当たり前のようにキスを求める燈子。すっかり慣れてきた侑。ベッドに2人寝そべった時の燈子の姿は注目したいポイント。侑が腕枕をして燈子の肩を抱いている。燈子は子供のように縮こまって顔を寄せている。

 燈子は、空っぽになって苦しんでいる「自己」のあり方について、侑には全部洗いざらい話します。

 侑は、燈子の気持ちを全て聞きました。ただ侑は、燈子に自分の気持ちを吐露できる状態ではない。だから抱きしめきれない。2人の関係が寝方によく出ています。


画像 川で「好きにならない」と誓う場面と並ぶ、この作品屈指のゾクゾクシーン(4巻P164)

 燈子「侑は私のこと好きにならないでね?」「私は自分のこと嫌いだから 私の嫌いなものを好きって言ってくる人のこと 好きになれないでしょ? 侑のこと好きでいたいの」

 今まで描かれていたように、燈子は自分に好意を寄せてくる人間全てに距離を置いていました。その好意は「燈子が作った優等生の仮面」への好意だと感じていたから、だとしたら、なんて悲しいこじらせかた。彼女は、客観的な見方ができなくなっています。

 だから、こんなことにも気付けない。


画像 侑はもう、変われたんだなあ(4巻P167)

 侑は自分から意識に蓋をし続けてきましたし、基本冷静な子なので、隠蔽は確かに完璧でした。でもキスを許す相手がフラットな関係なわけはないじゃん。先輩のばーか……。

 とてもエモーショナルな演出に。今まで絶対に言わなかった、侑の感情を表す二文字。もう自身で理解できる段階まできていて、ついにモノローグに浮き出てきてもなお、必死に蓋をする。泣くでも苦しむでも怒るでもない表情、大声で叫ぶでもつぶやくでもない声。

 感情の起伏が少なく、特別な人ができないことがコンプレックスだった侑。彼女は、変わろうとしています。

 そして変わるということは、今までを失うということです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/03/news042.jpg 高木菜那、30歳の誕生日に“イケメン”ショット かき上げ赤リップに「誰だ!? この色男!!」「ヴィジュアル系みたい」
  2. /nl/articles/2207/03/news051.jpg 元キャバ嬢・エンリケ、短期間の6キロ減で「初の救急搬送」 “無理な食事制限”で卒倒 「身体に負担かけてた」
  3. /nl/articles/2206/28/news176.jpg 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  4. /nl/articles/2207/02/news083.jpg 木村多江、土屋太鳳からの直筆手紙に喜び 特徴的な“フォント風文字”に「誠実ですね!」「字でわかる」の声
  5. /nl/articles/2207/03/news003.jpg 塀に並んだハスキー型のマスク、よく見てみると…… 本物のハスキーがのぞいている姿に「作った人は天才w」の声【英】
  6. /nl/articles/2207/03/news009.jpg 飼い主のごはんを見たワンコ→「これと交換どうですか?」 食べかけのおやつで物々交換をねだる賢さに称賛の声
  7. /nl/articles/2207/02/news073.jpg 桃井かおり、「GLAY」TAKURO夫婦とLAで遭遇 豪華ショットに「スターがスターにバッタリ」「凄すぎる〜!」
  8. /nl/articles/2206/28/news144.jpg なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  9. /nl/articles/2207/02/news066.jpg 香取慎吾&草なぎ剛、少しいいとこ住んでそうな“阿佐ヶ谷姉妹風”ショット 「クオリティー高い!」「違和感なさすぎ」
  10. /nl/articles/2207/02/news001.jpg お兄ちゃん猫が、子猫をぎゅっと抱きしめてすやすや 2匹とも幸せそうな寝顔に「幸せ涙が溢れてくる」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」