ニュース
» 2018年12月21日 12時56分 公開

東京オートサロン:うぉぉ、ついに商品化「コペンクーペ」爆誕 丸くてちっちゃくて激かわえぇぇぇ 限定200台 (1/2)

2019年1月11日に応募受付開始。これはマジかっけぇぇぇ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 ダイハツ工業が軽オープンカー「コペン」の特別モデル「COPEN Coupe(コペンクーペ)」を発売します。カスタムカーの展示会・東京オートサロン2016で披露されたにコンセプトカーが、3年の月日を掛けてついに商品化されることになります。限定台数は200。購入申し込み期間は2019年1月11日14時から2月11日18時までです。

COPEN COPEN Coupe(写真:ダイハツ工業、以下同)

 軽自動車規格サイズのオープンカーとして人気のコペン。骨格と樹脂外板で構成する「D-Frame(ディーフレーム)」と、内外装を容易に着脱できる「DRESS-FORMATION(ドレスフォーメーション)」と呼ぶ新設計の構造を採用し、テーマやニーズの違いに応じて、外装デザインをガラリと変えて展開しやすい特徴も備えています。

コペン クーペ COPEN Coupe 「DRESS-FORMATION」構造により、異なるデザイントーンのモデルを追加しやすく、また、購入後のデザイン変更なども可能となっている

 しかし今回のコペンクーペは、オープンスタイルからクーペスタイルへと、これまでの“DRESS-FORMATION”以上の大変身を遂げます。トランク部から天井までを覆うCFRP製のハードルーフを装着し、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なクーペスタイルを実現しました。うん、これはかっこいい!

COPEN オープンからクーペスタイルへ大変身
COPEN リヤウィンドウはガラスハッチ

 カラーは「ブリティッシュグリーンマイカ」と「パールホワイトIII」の2種類、それぞれトランスミッションはCVT(7速スーパーアクティブシフト付きCVT)と5速MTを用意します。価格はブリティッシュグリーンマイカのCVTモデルで248万4000円(税込み)から。パールホワイトIIIは2万1600円高です。特にグリーンは、古き英国のライトウェイトスポーツカーのようなサイズや凝縮さ、軽快さなどがフワリと感じられて心地よいですね!

COPEN ブリティッシュグリーンマイカ
COPEN パールホワイトIII
COPEN コペンクーペ側面。CFRP製ハードルーフが装着される

 限定200台のため、購入は公式サイトから応募し、抽選となります。2019年1月11日に開幕する「東京オートサロン2019」、同2月9日開幕の「大阪オートメッセ2019」で実車展示も行います。

COPEN 応募から成約・納車までの流れ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.