ニュース
» 2018年12月21日 20時15分 公開

アプリ「フォートバトル行動ナイト」に絶句 フォートナイトとPUBGと荒野行動を全部まぜた粗悪なキメラ

過去に「荒野バトルロイヤル行動」を出したメーカーの新作。無節操もここまでくると何も言えない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」(関連記事)のヒット以来、1ジャンルとして確立した「バトロワゲーム」。そんな中、iOS向けに「フォートバトル行動ナイト」という恐ろしいタイトルが登場してしまいました。PUBGと「フォートナイト」と「荒野行動」が合体した最強のゲーム? じゃねえわ……どれとも無関係の類似品だわ。


ストア ある意味潔く、勇気のあるネーミングかもしれない

レビュー あまりのひどさに、レビュー欄にはノリノリのネタ投稿が。真ん中、スマブラの話じゃねえか

 もはやタイトルの時点でクソゲーのにおいしかしませんが、有名バトロワゲーム3作のいいとこどりをした傑作の可能性もゼロではないので、試しにインストールしてみました。ところが、起動すると何よりも先に広告動画が再生。その後も設定画面を開いては広告、ゲームをスタートしては広告と、作り手の意図をネガティブな方向に解釈したくなる仕様に打ちのめされます。iOSの通知画面開こうとするだけでも広告出るんですよ……。


メインメニュー メイン画面にたどり着くまで30秒かかりました

 広告の波を乗り越えて、いざ戦場へ。飛空艇から降下したり、拾った武器で撃ち合ったり、PUBG感は案外味わえます。ただし動きはカクカクですし、グラフィックもお粗末。フォートナイトの要素は絵面の雰囲気だけで建築要素はなしと、結局タイトルが交ざっているだけで、こけおどしとしか言いようがない。


降下

降下 戦場へダイブ

収集

収集 建物を捜索して武器を集める

戦闘 ライバルと撃ち合ってただ1人の生存者を目指す……わけですが、相手の動きはやる気なさげ。どうもCPU戦らしい

 メーカーのXin Pengは、過去に「荒野バトルロイヤル行動」なるゲームもリリースしており、さらにフォートナイト要素を足したのが「フォートバトル行動ナイト」のようです。そのうち「スマッシュフォートバトル行動ナイトブラザーズ」みたいなのが出そうで怖い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10