ニュース
» 2018年12月22日 16時00分 公開

平成最後のRとなるかも? 日産「GT-R」2019年モデルを米国で発表、NISMO含む4グレードをラインアップ (1/2)

600馬力の最強仕様「GT-R NISMO」など4モデルを展開します。

[agar,ねとらぼ]

 日産自動車は、国産スーパーカー「GT-R」の2019年モデルをアメリカで発表しました。現地での価格は9万9990ドル(約1112万円)からです。

GT-R 2019年モデル GT-R 2019年モデル(北米仕様/写真:日産自動車、以下同)

 北米市場向けのGT-Rは、2018年モデルと同様に、ピュア(9万9990ドル/約1112万円)、プレミアム(11万540ドル/約1230万円)、トラックエディション(12万8540ドル/約1430万円)、NISMO(17万5540ドル/約1953万円)の4グレードをラインアップ。

 LEDデイタイム・ランニングライトを内蔵したLEDヘッドランプのほか、Appleの「CarPlay」に対応したナビゲーションシステム「NissanConnect」、レザーと人工スエードを使ったスポーツシートが全グレードで標準装備となっています。

「NissanConnect」を標準装備 「NissanConnect」を標準装備

 ピュアグレードの装備に大きな変更はありませんが、10万ドルを切る求めやすい価格を維持。プレミアムは11スピーカーのBOSE製オーディオシステムやチタンエキゾーストシステムが装備されます。

 トラックエディションは一部にNISMOパーツが採用されており、走行性能が向上しています。そして、北米市場ではごく限られた台数のみ販売するというGT-R NISMOは、最大600馬力を発する強力なエンジンに、専用チューニングが施された足回り、空力性能を高めたボディを組み合わせた最速仕様になり、サーキット走行だけでなく公道走行でのバランスも考慮した最上級グレードに位置付けられています。

3.8リッターのV6エンジン「VR38DETT」は、NISMOモデルでは最大600馬力を発生 3.8リッターのV6エンジン「VR38DETT」は、NISMOモデルでは最大600馬力を発生

 現時点で北米向けの案内となっており、日本国内での展開については未定。日産自動車は2020年にEV化された新型GT-Rの発表を匂わせており、これが平成最後のGT-Rとなるかもしれませんね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」