ニュース
» 2018年12月27日 16時51分 公開

こ、これ「シャレード デ・トマソ」じゃねーかぁぁ! ダイハツの「往年の名車」オートサロンで復活 (1/2)

これはいいおじさんほいほい。ミクさん仕様の「ムーブ キャンバス」などもあるよ。

[agar,ねとらぼ]

 ダイハツ工業は、2019年1月に幕張メッセで開催するカスタムカーイベント「東京オートサロン2019」への出展内容を発表しました。「コペン」「ミラ トコット」「ハイゼット トラック」などを軸に新たなカーライフを提案するコンセプトカー、カスタムカーを披露します。

ミラ トコット スポルザ Ver. ミラ トコット スポルザ Ver.(写真:ダイハツ工業、以下同)

 注目の1台は「ミラ トコット」をホットなスポーティー仕様に一変させた「ミラ トコット スポルザ Ver.」です。この赤×黒のツートンカラーとゴールドのホイールは……。1980年から1990年代、熱い時代の「シャレード デ・トマソ」や「ミラ TR-XX」を思い出させます。

 シャレード デ・トマソは1993年発売の最終モデル・4代目までスポーツグレードとしてラインアップされていましたが、中でも2代目シャレードTURBOをベースに1984年に登場した「シャレード デ・トマソTURBO」の印象が強烈です。デ・トマソチューンでcd値軽減と高速走行安定性を高めるエアロパーツを装着した、“粋(いき)”な日・伊共同開発車でした。

photo (参考)シャレード デ・トマソTURBO(1984年1月発売モデル)
photo (参考)1981年、東京モーターショーに参考出品された「シャレード デ・トマソターボ」
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)
photo (参考)シャレード デ・トマソTURBO マイナーチェンジ版(1985年2月発売)
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)
photo (参考)シャレード デ・トマソ・ビアンカ(1985年6月発売)
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)
photo (参考)東京モーターショーに参考出品された シャレード デ・トマソ926R(1985年10月)
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)
photo (参考)シャレード デ・トマソ・リミテッド(1986年9月発売)
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)
photo (参考)東京モーターショーに参考出品された3代目シャレード デ・トマソ(1987年10月)
(出典:広報資料「シャレード デトマソ1993年8月)

 専用の「レッド×ブラック」あるいは「ホワイト×ブラック」のツートンカラー、そして、軽量マグネシウム合金のカンパニョーロ製ディスクホイール。エンジンは993ccの直列3気筒OHCターボ。出力は80馬力でしたが車両重量690キロの軽量ボディーと相まってヒュンヒュンキビキビと軽快に走ったそうです。

 当時から“速いスポーツ軽量車”のライバル「スズキ・アルトワークス」も復活した今、若者も買える価格帯で、楽しく遊べてワクワクする軽ホットモデルのマジな登場にも期待したいですね。



 このほか、軽オープンカー「コペン」をかっこいいクーペスタイルに仕上げた200台限定特別モデル「コペン クーペ」(関連記事)、ミクさん仕様の「ムーブ キャンバス」、ライフスタイルに溶け込む「ハイゼット トラック」のカスタムモデルを披露します。

コペン クーペ コペン クーペ
ミクさん仕様 ムーブ キャンバス ミクさん仕様の「ムーブ キャンバス」
ハイゼット トラック ハイゼット トラック ジャンボ カリフォルニア工務店 Ver.

 最後にうっとりため息が出る伝説のクルマも。それは1960年代にダイハツが開発したレーシングカー「ダイハツP-5」です。

 1960年代、トヨタ7(関連記事)や日産R380(関連記事)などの大排気量・パワフルな大手メーカー製マシンに対して、1.3リッターの小排気量エンジンで戦いを挑んだ伝説のレーシングカー。ダイハツは約50年の時を経て、当時の車両を動態状態までフルレストアしました。その美しい姿、会場でじっくり眺めましょう。

P-5 1960年代の伝説レーシングカー「ダイハツP-5」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.