ニュース
» 2018年12月27日 18時54分 公開

手の上でざっば〜ん! 東映映画のオープニングを再現したレジン作品のすごさに公式も反応

手のひらの上で踊る荒波。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 荒波が押し寄せる岩場に、浮かび上がる「東映」のロゴ――東映映画のオープニングでおなじみの光景を、レジンの中で再現した作品が注目を集めています。手のひらの上でざっば〜ん!


東映 ババーン!

東映

東映 しぶきの表現がすばらしい

 投稿主は、海洋生物を中心にレジン作品を製作しているJade(@jad_ko)さん。波のしぶきを表現してみたいと思い立って「荒波」で検索したところ、東映の映像がヒットして作る気になったのだそうです。

 製作は仕事を終えてから寝るまでの空き時間で少しずつ進め、約1週間で完成。実は枠に液レジンを流し込む工程で一度失敗し、土台から作り直しているのだそうです。あわわ……。


東映 緻密に組み立てられた土台。これを2度も作ったのか……

 苦心の作は「ロマンが凝縮」「BGMが脳内再生された」「発想も仕上がりもすばらしい」と評判を呼び、東映映画公式アカウントも反応する事態に。後日東映公式ニュースアカウントから、返礼として公式のオープニング画像が寄せられています。


画像提供:Jade(@jad_ko)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.