ニュース
» 2018年12月27日 22時40分 公開

SF漫画『TWIN SIGNAL』続編『Biennial』、クラウドファンディングの成果で連載開始

前作から2年後の世界で、新たな冒険が展開されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画『TWIN SIGNAL』の続編、『TWIN SIGNAL Biennial(バイエニアル)』の連載が「メディバンマンガ」で始まりました。4月に成功を収めたクラウドファンディングの成果がいよいよ……(関連記事)。


TWIN SIGNAL Biennial 『TWIN SIGNAL Biennial』(配信ページより)

CF クラウドファンディングはわずか1日で目標達成し、連載が確定していました

 『TWIN SIGNAL』は、1992年から2001年にかけて連載された、大清水さちさんのデビュー作。主人公の音井信彦と人型ロボット「シグナル」との出会いをはじめ、人間社会とロボットの関係を描きました。

 続編の舞台は、前作の最終決戦から2年後。大清水さんは「人間のキャラクターは2歳年を取っていますが、人間形態ロボットたちは年齢による変化はありません。そして私たちを取り巻くモバイル事情も当時と今では大きく変わりました。そこは今のリアルにあわせて作品の中も変えなければならないと思っております」と、制作にあたっての考え方を述べています。


イメージ

 『TWIN SIGNAL Biennial』は、毎月1話ずつの更新を予定しており、連載中は無料で読めます。また、前作『TWIN SIGNAL』もメディバンマンガにて、2019年1月9日まで無料で配信されます。

(C)大清水さち/MediBang

大清水さちさんコメント全文

 続編では、人間のキャラクターは2歳年を取っていますが、人間形態ロボットたちは年齢による変化はありません。そして私たちを取り巻くモバイル事情も当時と今では大きく変わりました。そこは今のリアルにあわせて作品の中も変えなければならないと思っております。前作を読んでくださっていた読者の皆様には、良い意味での変わりない彼らと人間キャラの年齢による変化を楽しんでいただければ良いなと思っております。

 また、新キャラクターも皆様にお目にかけるのが楽しみです。新しいけど前と変わらないところもある、皆様とは違う時を過ごしてきたツインシグナルの面々をよろしくお願いいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」