ニュース
» 2018年12月28日 13時50分 公開

「ボタン電池の誤飲は要手術の危険な事態」医師がベーコンで実験し注意喚起 電池の放電が元で粘膜が溶ける

誤飲の6割は機器に入っている電池を子どもが取り出して飲んだケースとのこと。買い置きの電池だけでなく、リモコン等のフタにも注意を。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ボタン電池を飲み込むと、放電がもとで内臓の粘膜が溶け、要手術の危険な事態を招きます。こうした誤飲のリスクを分かりやすく説明するため、長野県佐久市の医師会が手がけるプロジェクト「教えて!ドクター」が、ベーコンを用いた実験結果をTwitterで公開しました。


実験

 実験にはリチウム・酸化銀・アルカリの、3種のボタン電池を用意。これらを、食道や胃の粘膜に見立てたスライスベーコンの上に置きました。開始から数分もすると、リチウム電池の周囲には泡が。放電時にできた水酸化物が粘膜を傷めているのです。


実験 リチウム電池は大きくて食道に引っかかりやすいうえに、電圧が高いため水酸化物を多く作ることから、特に危険だそうです

 やがてほかの電池も遅れて同様の反応を始め、20分後にはベーコンに黒いシミが。そして2時間後にはシミが大きくなり、焼けただれたような状態になってしまいました。これが人体だったらと思うと恐ろしい。


実験

 ボタンを誤飲した場合、乳幼児の場合は全身麻酔による手術が必要になるので軽視しないでほしいと、同アカウントは注意喚起しています。もし受診が必要になった場合は、飲み込んだ電池のパッケージなどの情報が欲しいとのこと。これは電池の種類次第で処置も変わってくるためだそうです。

 また、事例の6割はむき出しの電池でなく、機器に入っているものを子どもが取り出して誤飲したケースとのこと。体温計やリモコン、キッチンタイマーなど、ボタン電池が使用されている機器を把握しておくことも大事だと呼びかけています。

画像提供:教えてドクター佐久(@oshietedoctor



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.