調査リポート
» 2018年12月28日 21時00分 公開

FANZA「同人に関する統計調査2018」発表 “あのジャンル”が老若男女で圧倒的覇権

「日本……!」と話題になる結果。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 FANZAは12月27日、「FANZA REPORT 2018 同人編」を発表しました。1年間で同人誌配信プラットフォーム「FANZA同人」を訪れたユーザー約1億4000万人の属性や人気ジャンルをまとめた調査です。男女別・年齢別・地域別全てのセグメントで、“あるジャンル”が1位を総なめする結果となりました。日本すごいわ……。

FANZA同人編 「FANZA REPORT 2018 同人編」発表、圧倒の結果に(画像は調査結果ページより)

※以後、R18要素があります

 調査対象は2017年10月1日から2018年9月30日。ユーザーの属性は、年齢層は25〜34歳(33%)が最も多く、35〜44歳(26%)、18〜24歳(22%)と続きます。男性向けのイメージが強いプラットフォームですが、男女比率はおよそ74:26と、女性ユーザーも存在しています(筆者もそのひとりです)。

FANZA同人編 年齢層
FANZA同人編 男女比率

 「FANZA同人」では1年間に約1万8000作品が配信されています。そんな中、閲覧数の多かったジャンルは――「寝取り・寝取られ(NTR)」! おとなもこども(※18歳以上)もおにーさんもおねーさんも、NTRに注目しているという結果になりました。

FANZA同人編 全体ランキング1〜5位(クリックで男女別ランキング)

 注目なのは、男女別で見た女性ランキングでも1位がNTRであるということ。「女装・男の娘」「催眠」「人妻」は、女性も男性もどちらもベスト5に並んでいます。一方、女性では6・7位にランクインしている「ゲイ」「ボーイズラブ」が男性ではトップ25に入っていないことや、男性では20位に入っている「ハーレム」が女性ではランク外な辺りは、男女差を感じられて面白いかもしれません。

 日本人、みんなNTR好きなんじゃ〜ん!……とNTR好きとしては言いたいところですが、もちろん「NTRは嫌いだから、この結果が複雑」と感じる方もいることでしょう(編集部では「ギャルが低いのが納得いかない」という声が上がっていました)。

 FANZAをよく利用している方なら「わかる〜」となると思うのですが、“推し作家”がいない場合、プラットフォームのトップページの「人気ランキング」を中心に閲覧することが多くありませんか? 鶏か卵かはわからないのですが、FANZAでは「NTR」「催眠」「人妻」ものが人気作品ランキング上位に入っていることが多く、より閲覧数が増え、さらにランキングに残る……というNTRサイクルが発生しているのかもしれません。

 調査結果ページには、「35歳を境目に『母親』が上位に入ってくる」といった35歳好み変化説や、1週間&コミケ時のアクセス数変化、人気NTR同人作家「チンジャオ娘。」さんのコラムなども掲載されています。

 12月29〜31日はいよいよコミックマーケット95。参加する人もしない人も、NTR好きな人も好きじゃない人も、R18同人誌を買いまくる人も創作評論系を周りまくる人も、自分にとって最高の同人誌が手に入りますように……。それだけが私の望みです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」