ニュース
» 2018年12月29日 19時00分 公開

制止振り切る姿に「民度低い」 コミケ恒例「始発ダッシュ」を見たTwitterユーザーはどう思っているのか調査してみた

平成最後のコミケが始まりました。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2018年12月29日、平成最後となる「コミックマーケット」が開幕。さっそく早朝から「始発ダッシュ」がTwitter上で話題になっています。

東京ビッグサイト コミケの会場となる東京ビッグサイト

 駅員の静止を振り切って駅構内を走る人、始発ダッシュ組を撮影しようと改札前に集まった人々。舞台となったりんかい線 国際展示場駅では、いつもの光景が繰り広げられていたようです。

 果たして、この光景をネットユーザーたちはどのように見たのか。Twitterの反応を元に調査してみました。

圧倒的ネガティブ反応「走るんじゃねぇぞ……」「そこまでしていいね欲しいか」

{'type':'pie'、'data':{'labels':['ポジティブ'、'ネガティブ']、'datasets':[{'data':[26.8、73.2]、'backgroundColor':['rgba(255、115、116、.7)'、'rgba(255、183、116、.7)']、'borderWidth':[0、0]}]、'illust':0}} 期間:12/14〜12/29
始発ダッシュ 反応 関連するTwitterの投稿数を表したグラフ

 Twitter上の反応に属性を振り分けると、ポジティブ26.8%、ネガティブ73.2%となり、圧倒的にネガティブな反応が多く見られました。12月14日にコミックマーケット準備会が公式Twitterでりんかい線と対をなす主要交通網である「ゆりかもめ」の臨時ダイヤを知らせる投稿をしたころから、始発ダッシュへの注目が集まり始めました。

 直前になると言及する投稿も増え始め、初日となる29日になると「始発ダッシュ」に関連する投稿は爆発的に増加しています。

 以前ねとらぼの取材に対してりんかい線を運営する東京臨海高速鉄道は「近年は少しずつ利用客のマナーは良くなりつつある」と回答しましたが、Twitterの投稿を見ていくと始発ダッシュをなにかの祭りと勘違いしている人はいまだ多いもよう。

 今年も早朝に国際展示場駅で始発ダッシュをする人々の姿が見られ、Twitterにはたくさんの動画や写真がアップされています。

 駅員の制止を振り切って駆け抜けようとするオタクたち。それを撮影しようと集まった見物人たち。異様な光景が今年も「恒例」として、話題になっています。

 例年、りんかい線 国際展示場駅の出口すぐのところにはコミックマーケットのスタッフが控えており、即座に制止して整列させ、会場に向かって誘導を行っています。

 改札から約20メートルほどのわずかな距離とはいえ、駅構内を走るのは危険な行為。公共エリアであることを忘れているかのようなふるまいに、「民度が低い」「そこまでしていいね欲しいか」などと呆れているような声が見られました。

りんかい線「大変危険ですので、おやめください」

  りんかい線を運営する東京臨海高速鉄道は以前、ねとらぼの取材に対し、悪しき風習’“始発ダッシュ”に対して「当社としては名物とは思っていません」と、やや怒気を感じられるコメントを残していました。

 「駅構内で走ると、転倒したり他のお客様とぶつかったりして危険です」と、同社ではコミックマーケットに限らず、どのようなケースでも「駅構内で走らないよう、特に階段やエスカレーターで走るのは大変危険ですので、おやめください」と徹底したアナウンスをしています。(関連記事

C87の初日、国際展示場駅で撮影された映像。古いものだとC80ごろの映像もありました

 平成最後のコミケ。「コミックマーケット95」は泣いても笑っても残すところあと2日間。楽しい思い出となるように祈るばかりです。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」