ニュース
» 2018年12月29日 17時00分 公開

こいつ……スッポリかぶれるぞ! 模型好きの奥様が編んだガンダムヘッドが暖かそう

絵面がシュールすぎる。

[まるがり,ねとらぼ]

 ガンダムを愛する主婦が、毛糸で編んだ「ガンダムヘッド」をTwitterで公開しています。人間の頭部をすっぽりと覆う大きさで、この冬、かぶってお出かけしたくなるアイテムとなっています。




編み物ガンダムヘッド編み物ガンダムヘッド こいつ……スッポリかぶれるぞ!

編み物ガンダムヘッド編み物ガンダムヘッド 絵面がシュールすぎる

 この“編み物ガンダムヘッド”は、子どもの影響で模型作りを始めたというなみおさん(@wavemomchan)が、かぎ針一本で編みあげたもの。ヘルメットのような形状で、ちゃんと実際にかぶることができます。人が顔を出すための正面部分をのぞいて全体的に再現度は高く、ガンダムの特徴的なツノ(V字型のアンテナ)が、ピンと突き出すように立っています。製作には、4日間ほどかかったといいます。

 なみおさんは、模型作り歴5年の専業主婦。自身のTwitterアカウントでは、ガンダムのプラモデル(ガンプラ)のほか、手製の編みぐるみや、「ジオン軍」「同盟軍」のエンブレムを編んだレースなどを公開しています。なんて器用な御方なんだ……。





 毛糸のガンダムヘッドは「ただ単にガンダムが好きだから」作ったというなみおさん。アニメからプラモデルの製作まで、幅広く「ガンダム」を愛しているといいます。過去には、飼い猫用に、耳が出るガンダムヘッド「ニャンダム」を作ったことも。



編み物ガンダムヘッド ニャア少佐……ずいぶんモフモフになられて……

 今回の人用ガンダムヘッドは「編み図」を書かず、感覚だけで編んだとのこと。立体的な作品を想像だけで作りあげるのはかなり難しそうですが、「ガンダム関係は大好きなので、過去にいろいろ作ってまして、感覚で編めるようになりました」となみおさん。ちなみに作ったガンダムヘッドについては、ひととおり自宅で楽しんだ後、同じガンダムファンの友達にあげることにしたそうです。

 お手製のガンダムヘッドのクオリティーに驚嘆する人は多く、Twitterの写真や動画には、「商品化を全力で希望しますw」「北海道で売れますよ」「これは市販されてたら絶対買う」などと、早くも製品化を望む声もあがっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」