ニュース
» 2018年12月29日 22時00分 公開

ライオンやトラも「ちゅ〜る」にまっしぐらなのか!? 雑誌『週ニャン大衆』の特別企画が面白い

思った以上にネコでした。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「ライオンやトラなどのネコ科の猛獣にネコ用おやつ『CIAOちゅ〜る』をあげたらどうなるのか」という検証結果が公開されました。

 今回の検証はネコ雑誌『週ニャン大衆』(12月26日発売)の特別企画「ライオンやトラも『ちゅ〜る』にまっしぐらなのか!?」で実施したもの(関連記事)。実際に宇都宮動物園を訪れて動物たちの反応を観察しています。



 最初に登場したのはホワイトタイガーのアース(♂/5歳)。ニオイをかぎ、味見をして、安全だと分かってからは一気になめています。うっとりとした表情は大きなネコちゃんのようです。


週ニャン大衆 宇都宮動物園 ホワイトタイガーのアース うっとりとした表情です

 次に試してくれたのはアムールトラのチグ(♀/7歳)。最初は怪しんでいたものの、一度食べ始めると夢中になります。首をかしげるしぐさがかわいいチグ。「そんなに舌が伸びるのか」という発見もありました。


週ニャン大衆 アムールトラのチグ

 百獣の王・ライオンはメスのオーブ(4歳)が食べ始めたら止まらない状態に。プライドがあるのか、オスのライオンは興味を示さなかったそうです。


週ニャン大衆 ライオンのオーブ 上にいる子も欲しそうですが、奥にいるオスは興味を示しません

 ホワイトライオンはアルマル(♀/2歳)&ステルク(♂/2歳)の夫婦で検証。2頭とも食べたそうな様子を見せましたが、メスのアルマルがほとんど独占してしまいました。


週ニャン大衆 ホワイトライオンのアルマルとステルク かかあ天下なの?

 臆病な性格のハイエナは取材陣の数におびえて口にせず、捨て猫から猫園長になった「さんた」は、おいしそうに食べています。


週ニャン大衆 ハイエナは警戒モード
週ニャン大衆 猫園長のさんた 「おいしいニャ」 

 結果をまとめてみると、オスのライオンとハイエナ以外は完食。ネコ科の猛獣は「ちゅ〜る」を気に入るケースが多いことが分かりました。

 飼育員さんによると「猛獣たちは投薬されることを警戒しているので、いきなり食べず、ニオイを嗅いで安全を確かめてからなめる」とのこと。「ちゅ〜るは投薬時に使えそう」という声もありました。

 今回の検証は特別な許可を得て行ったもの。持ち込んだオヤツを動物園の動物たちにあげることはやめてくださいね。


週ニャン大衆 『週ニャン大衆』

写真:野潟秀之



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.