ニュース
» 2018年12月29日 00時19分 公開

りんかい線大井町駅で異臭騒ぎ 全線で運転見合わせ

シンナーか灯油のような液体がまかれていたとの報告も。

[ねとらぼ]

 12月28日の22時50分ごろ、りんかい線大井町駅で異臭騒ぎがあり、りんかい線全線で一時運転を見合わせています。Twitter上でも“異臭”について複数の報告があり、警察や消防が出動しているといった声もみられました。灯油らしき液体がまかれたとのツイートもありましたが、詳細は不明です。



 異臭騒ぎがあった隣の車両に乗り合わせていたという人に話を聞いたところ、大井町駅へ停車したところで「車内清掃があります」とのアナウンスがあり、駅員の指示で乗客は車両の外に出されたとのこと。その人によれば「ツンとする刺激臭を感じた」そうで、駅員が電話で「シンナーのようなものがまかれている」と連絡していたのも聞いたといいます。その後当該の車両は回送になり、現在も運転をストップしている状態です。


りんかい線 異臭騒ぎ 現地からの写真(読者提供)

りんかい線 異臭騒ぎ その後当該の編成は回送に(読者提供)

りんかい線 異臭騒ぎ 消防車も出動(読者提供)

りんかい線 異臭騒ぎ 救急車もみられたとのこと(読者提供)



 Twitter上では他にも、りんかい線大崎駅で同様の車内点検(こちらは「灯油の匂いがする透明な液体」)があったとの報告もみられましたが、詳細は不明です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.