ニュース
» 2018年12月31日 09時00分 公開

トイレットペーパー芯のハンドベルで奏でる「アメイジング・グレイス」 素朴な音色に癒やされる

瞳を閉じていれば、よもやトイレットペーパーの芯だとは思えないでしょう。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 トイレットペパーパーの芯で作ったハンドベルで、賛美歌「アメイジング・グレイス」を演奏した動画がYouTubeに投稿されています。動画を作成したのは、日用品演奏ユニットkajiiの原さん。演奏だけでなく衣装や演出にもこだわりが見られる、ハイクオリティな動画に仕上がっています。

トイレットペーパーの芯で作りました トイレットペーパーの芯で作りました

 動画を再生してまず目につくのは、室内でよく使う物干し竿。そこに取り付けられた洗濯ばさみからトイレットペーパーの芯がぶら下がっています。芯の中には振り子が入っており、それが揺れて音が出る仕組みになっているようです。

演奏開始 演奏開始
前から見た状態 前から見た状態

 演奏は笛の音から始まります。手元に細長いストローのようなものが見えるので、これも彼ら自作の楽器でしょう。演奏はすぐにハンドベルへと切り替わり、よく見ると、筒を震わせて音を出す方法とただ1度たたくだけの方法、2通りの演奏方法があることに気付きます。前者の方法では揺らいだ長音が響き、後者は木琴のような短音になっています。

忙しそう 忙しそう
後ろから見た状態 後ろから見た状態

 演奏は2人で行っていますが、結構忙しそうです。上手に音を重ねていることもあって、演奏としても純粋に楽しめるのではないでしょうか。

 日用品演奏ユニットkajiiは、他にも色々と自作の楽器を演奏している動画をあげており、また全国各地で公演も行っているそうです。公式サイトでは新作動画の告知や公演情報がまとめられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.