ニュース
» 2019年01月01日 16時30分 公開

ディズニーの“平成最後のお正月”を全力紹介! 亥年の主役は「ライオンキング」プンバァ

着物も似合うミッキー&ミニー!

[あかいけまい,ねとらぼ]

 あけましておめでとうございます! 東京ディズニーリゾートにもお正月が到来。晴れ姿のミッキーたちがお出迎えしてくれるハピエストなニューイヤーが幕を開けました。2019年の主役は「ライオンキング」のプンバァ。見どころをお伝えします。

ディズニーお正月
ディズニーお正月

大きな門松がニューイヤーゲストをお出迎え

 お正月の東京ディズニーリゾートは、大きな門松やしめ縄飾りでゲストを出迎えてくれます。東京ディズニーランドはグランドバザール入り口に、東京ディズニーシーはミラコスタ通りの入り口にあるのでお見逃しなきよう。

ディズニーお正月 東京ディズニーランドは太いしめ縄と扇で厳かな雰囲気
ディズニーお正月 ディズニーシーらしいアールヌーヴォー感ある豪華な門松

 新春限定のデコレーションはその年の主役となる干支にちなんだキャラクターとミッキーたちが飾られます。今年は亥年ということもあり、数あるディズニーアニメーション&ムービーから「ライオンキング」のプンバァが選ばれました。作中では「ブタさん」と呼ばせてますが、彼はイボイノシシですもんね。

 ミラコスタ通りにはタペストリーが飾られています。思い思いのお正月を楽しんでいる雰囲気がすてきです。

ディズニーお正月
ディズニーお正月
ディズニーお正月

新年のごあいさつのパレードとアンバサダー就任式

 東京ディズニーランドのニューイヤーグリーティングは、オープンカーや正月飾りの施されたフロートに乗って、晴れ姿のミッキーたちが登場するというもの。

ディズニーお正月 紋付き袴の似合うミッキー
ディズニーお正月 片身替わりのような合わせの美しいミニー
ディズニーお正月 色違いの肩衣がキマってるチップとデール
ディズニーお正月 七宝繋ぎに市松と花が映えるクラリス

 さらに1月1日には、2019〜20年の東京ディズニーリゾートのアンバサダーを務めることになった野口歩美さんが就任後初のあいさつに登場しました。

 アンバサダーって?と思われる方もいるはず。もともとは、ウォルト・ディズニーの代理で公式行事&講演へ出演したり、ゲストへディズニーランドを紹介したり……といった役割を担ったキャストを指していました。現在は、ディズニーリゾートの親善大使のような役割を担うキャストを指しています。

 就任式の1月1日から、野口さんの任期(2年)がスタートします。2020年の新エリアオープンまで一緒に盛り上げてくれる存在です。

ディズニーお正月 2019-2020年アンバサダーの野口歩美さん、ドナルドとデイジーと一緒に。屈託ない笑顔がキュート

船の上からニューイヤーグリーティング

 東京ディズニーシーのニューイヤーグリーティングでは、一台のバージ(船)に乗ったミッキーたちがあいさつに来てくれます。新しい着物に身を包んだミッキーたちが、扇子や駒や羽子板など、それぞれ思い思いのお正月遊びのアイテムを持ってアピール! メディテレーニアンハーバーを囲って、たくさんのゲストがミッキーたちに手を振っていました。

ディズニーお正月 どんなお正月遊びをしよう!? と楽しく話すミッキーたち

お正月限定スーベニア

 パークインしたらぜひ食べたいのが、お正月限定のスーベニアが付いたスイーツ。「練乳ムース&ストロベリーゼリー」には、和柄のイラストの湯のみがセットになっています。スウィートハート・カフェ(ランド)、マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー(シー)で購入できます。

 優しい甘さの練乳ムースと少し酸味のあるストロベリーゼリーがマッチ。抹茶の求肥やあられが和の雰囲気を演出をしています。もちもちサクサクふわふわ〜! で食感も楽しい一品です。(1月8日まで)

ディズニーお正月 練乳ムース&ストロベリーゼリー、スーベニアカップ付き 780円
ディズニーお正月 裏側はプンバァと仲良し組

お正月グッズは和風で粋!

 お正月グッズも充実しています。水墨画の鳥獣戯画風のイラストシリーズが粋でかわいい〜! シンデレラ城やプロメテウス火山も水墨画になっています。手ぬぐい、お盆、湯のみやお椀もあり、正月の食卓を華やかにしてくれます。

ディズニーお正月 水墨画のミッキーたち
ディズニーお正月 相撲をしているチップとデール!

 ぬいぐるみのラインアップもかわいいものばかり。イノシシの着ぐるみにつつまれたミッキーたちはカラフルでついつい集めたくなってしまいますし、毎年恒例の晴れ姿のぬいぐるみも、毎年違う着物なのでコレクションしたくなってしまいますね。今年はミニーは扇子を、ミッキーは「亥」の字が描かれた凧を持っています。

ディズニーお正月
ディズニーお正月

 文具は、年賀ポストカードや筆ペン、スタンプなど新年のあいさつにもってこいなアイテムが盛りだくさんです。ミッキー&ミニー&プンバァがだるまになってしまったイラストのシールは、年賀状のワンポイントに貼りたいやつ……! 今から出したらギリギリ間に合う……!?

ディズニーお正月
ディズニーお正月

 お菓子のお土産も和風のものが多いのがお正月シーズンの楽しいところ。栗きんとんあんと抹茶の変わり種八つ橋や、おしるこなどがそろっています。お菓子の詰め合わせはせんべいやあられなど盛りだくさんで、器は豪華な二段です!

ディズニーお正月

 今回「これはずるい〜!」と叫んでしまったのは、ベイマックスのピンコレクション。白い大きなボディーに、頭の上にちょこんとみかんを乗せていて、まるで鏡もちのようです。適材適所なかわいさで、海外ディズニーファンにもこのかわいさを知らしめたい……!

ディズニーお正月 ぜひ海外パークに持って行きたいピンコレクション
ディズニーお正月 ぬいぐるみもキュートです

 お正月グッズは11月末から展開されていますが、ニューイヤー期間で販売は終了します。平成最後のお正月グッズは是非手に入れたいですね。

 東京ディズニーリゾートのお正月は、グリーティングは1月6日まで、正月飾りは1月7日までです。新年の喜びをミッキーたちと過ごしてみませんか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  5. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/28/news123.jpg 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」