ニュース
» 2019年01月03日 14時03分 公開

「おかえりドラえもん……ッ!!」 瀕死だったドラえもんのぬいぐるみ、友人の手で奇跡の復活遂げて感動呼ぶ

ドラえもん「ただいま」。

[Kikka,ねとらぼ]

 「見た目生まれ変わったけど愛しさがそのままで帰ってきた」――生まれたときから一緒にいるドラえもんのぬいぐるみが、信頼できる友人の手によって復活を遂げたというツイートが多くの人を感動させています。これぞ、“帰ってきたドラえもん”。

 ツイート主のわいどん(@Ydon9 )さんは、生まれて間もなくドラえもんのぬいぐるみと出会い、これまで一緒に過ごしてきました。しかし、長い時間を共に歩んだことにより、ドラえもんの顔は裂け、口やひげ、鈴や尻尾は失われ、文字通りの瀕死状態。わいどんさんは“信頼してる戦友”だという友人に「一か八かで(修復を)お願い」することを決意しました。


ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 長年一緒に過ごしたことによりボロボロの状態だったドラちゃん

 そして待つこと1カ月弱。わいどんさんの元へ帰ったのは、全体の汚れが落ち、失われていた鼻なども取り戻し、笑顔を浮かべるドラえもん。いとおしさはそのままに、出会った当初はきっとこんな姿をしていたのであろう姿へと奇跡の復活を遂げたのです。


ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 笑顔の帰還。「おかえりドラえもん……ッ!!」

 この様子にはわいどんさんも思わず「ありがとう‥ありがとう‥」と感謝しきり。ツイートには「新品のように綺麗なのに、どこかなつかしい風合いも残っていてちゃんと元のドラちゃんですよね」「物を大切にする心、正月早々温まりました」「ずっっと大切にされてきたんですね‼︎なんだかウルっとしました。。」などのコメントが寄せられた他、「お友達、天才ですね」「友人との深い友情も大切に」と、友人への称賛も多くあがりました。


ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 失われていたしっぽも

ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 元通りに……!

 ねとらぼ編集部では、ドラえもんと感動の再会を果たしたわいどんさんを取材。現在の心境などを聞きました。

帰ってきたドラえもんと、わいどんさんのこれから

――ドラえもんは誰がプレゼントしてくれたものですか。

わいどん父親です。手触りが良かったから買ってきたと聞いています。出会ったのは恐らく生まれてすぐあたりかと思いますが、1歳のころには抱いていました。

――信頼できる戦友さん(ご友人)はお裁縫のプロですか。

わいどんいえ、仕事をしながら子育てをし、ぬいぐるみを愛する立派な主婦です。たまに趣味(?)で、古いぬいぐるみを修復しているのを知っていたので、今回ダメ元でお願いしたら快諾してくれました。

――ドラえもんが帰ってくるまでどのくらいかかりましたか。

わいどん1カ月かからなかったです。進捗画像をたまに送ってくれたりしたので、本当に早く感じました。


ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 戦友さんから送られてきたドラちゃんの進捗

ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん さまざまなパーツの修復が行われた

――ドラちゃんと再会したときの心境や現在のお気持ちを教えてください。

わいどん帰ってきたときは本当に感激して、「おかえり」と抱きしめました。また残りの人生を一緒に過ごせるかと思うと本当にうれしいです。忙しい合間をぬってやってくれた戦友には感謝しかありません。


 ドラえもんが帰ってきた際には、配送伝票にドラえもんの似顔絵と「ただいま」というコメントも書かれていたなど、友人の温かい気持ちにも感動する人が多かった今回のツイート。わいどんさんにはこれからもずっとドラえもんと仲良く過ごしていってほしいですね。


ドラえもん ぬいぐるみ ドラちゃん 涙腺が崩壊してしまう

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた