ニュース
» 2019年01月07日 17時15分 公開

もうすぐ発表、新型「スープラ」 いくらになるかな? 量産初号機はチャリティーオークションに (1/2)

「マジ初号機」を入手できるチャ〜ンス。いくらになるかは怖くて予想できませんが。

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は開発中の新型スポーツカー「スープラ」を、1月14日(現地時間)に開幕する「デトロイトモーターショー2019」で正式発表すると告知。併せて、新型スープラの量産第1号車を米国・アリゾナ州で1月19日に開催するオークション「バレットジャクソン・オークション」に出品すると発表しました。

(参考)新型「スープラ」試作車 (参考)新型「スープラ」試作車(写真:トヨタ自動車、以下同)
(参考)GRスープラ レーシングコンセプト (参考)GRスープラ レーシングコンセプト

 スープラはトヨタが展開するスポーツカー。旧80型スープラの生産終了から17年ぶりの復活となる2019年前半の発売に向けて、A90型となる新型の開発が進められています。これまで、TOYOTA GAZOO Racingによってレース仕様に仕上げられた「GRスープラ レーシングコンセプト」(関連記事)や、アメリカで人気の自動車レース「NASCAR(ナスカー)」仕様(関連記事)、そして個性的なモザイク柄をまとった市販車に近い形状の試作車(関連記事)などが、小出しに公開されてきました。

 なお、オープンスポーツカー「BMW・Z4」と共通のシャシーを採用(関連記事)しBMWと共同開発すること、伝統の直6エンジン+FR(フロントエンジン・リアドライブ)のレイアウトを踏襲すること、2019年前半から世界各国で発売されることなどが明らかになっています。

赤いミラーキャップとシートが確認できる チラ見せ公開 新型スープラ市販車の「赤いミラーとシート、A・Bピラー」

 新型スープラの市販車は、2019年1月14日(現地時間)に開幕するデトロイトモーターショーで正式発表予定。そして、車両識別番号(VIN)「20201」となる量産第1号車がオークションに出品されるというわけです。出品車両には、赤いミラーキャップと同じく赤のレザーインテリア、つや消しブラックのホイールが装備され、内装には第1号車であることを示すカーボンファイバー製のバッジが取り付けられるそうです。

 文字通り1台だけの「マジ初号機」を入手できるチャンスが……もしかしてワイらにもある……のか!? これはウン年後にいいお値段が付きそうですよぉぉぉ(関連記事)。ともあれ、一体いくらになるのか、どんな人が入手するのか、楽しみですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.