ニュース
» 2019年01月08日 09時00分 公開

新ゲームハード「Mad Box(仮)」、イギリスのゲーム開発会社が発表 性能はゲーミングPCに匹敵?

2022年までの発売が目標とされています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「Mad Box(仮)」という、新たな家庭用据え置きゲーム機の計画が明かされました。開発元はレースゲーム「Project CARS」シリーズで知られるイギリスの開発会社、Slightly Mad Studios。創設者にしてCEOのイアン・ベル氏が、2019年初に突如Twitterアカウントを開設し、ゲーミングPCに匹敵する高性能機の構想やデザイン案を披露しています。


イメージ 公開されたデザイン案の1つ。ゲーミングPCにかなり近い

イメージ まだ議論中だから」と、筐体の内部はぼかされている


 ベル氏は初のツイートで「The Mad Box is coming」と宣言すると、続いてそれが4K出力や高フレームレートでのVR体験を可能とする「最強のゲーム機」であると豪語。「性能は2年後の高性能PCと同等」「主要VRヘッドセットにほぼ対応」「およそ3年以内に出荷」と、米エンターテインメント業界誌「Variety」の取材に答えています。


 他社ハードとのクロスプラットフォームが実現しやすいよう、ソフト開発用のエンジンは無料で提供するとのこと。現時点では、独占タイトルを獲得するために、サードパーティーを囲い込む予定はないとしています。「遅くとも2022年に発売される、2021年時の高性能PC並のゲーム機」の性能や価格がどの程度になるのかは予測しかねますが、業界への大きな刺激となると思うと楽しみです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.