ニュース
» 2019年01月08日 13時30分 公開

「サザエさん」のじゃんけん、新春1回目が25年連続チョキ 偶然なら8472億8860万9443分の1

24回連続でチョキになる確率は2824億2953万6481分の1。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 国民的アニメ「サザエさん」のじゃんけんコーナーについて記録・分析を続けている団体サザエさんじゃんけん研究所(@jq1hkn)が、興味深い研究結果を発表しました。それは「新年初回の放送では24年連続(1995年〜2018年)でチョキが出ている」というもの。

 これは裏を返すと視聴者側はグーを出せば確実に勝てるということでもあり、いわばお正月限定の「必勝法」にもつながります。この法則はTwitter上でまたたく間に拡散され、2019年1月6日放送の「サザエさんお正月スペシャル」に注目が集まりました。






 たまたま24回連続でチョキになる確率は2824億2953万6481分の1。したがって「新年最初のチョキは故意に選ばれている」というのが研究所の見解です。

 もしもチョキ以外の手が出た場合、25年ぶりの方針転換という「大事件」になりますが、はたして気になる結果は……?




 予想通りのチョキ。これで連続記録が25回に更新された形です。ちなみに25年連続で偶然同じ手が出る確率は8472億8860万9443分の1です。

 勝利した感想を研究所所長のHKNさんにうかがったところ「新年初回のサザエさんじゃんけんの結果につきましては、自分にとっては既に恒例行事化しているため、同じ手が何年続いても『やっぱり今年もか』という感想です。それよりも、今回は1日でフォロワーが倍増するなど、周囲の反響の大きさの方に驚いています」とのこと。

 なお、長年にわたって収集された調査データはPDF形式で無料配布されています。「パー、チョキと続いた次の週は圧倒的にグーが出やすい」「3週連続で同じ手はめったに出ない」「最も長期間出ていない手は出やすい」といった分析結果も記されており、サザエさんに挑戦しようというチャレンジャーには必読の一冊。研究所の公式サイトにてダウンロードが可能です。


サザエさん コーナー開始当初からのじゃんけん結果がまとめられています

サザエさん サザエさんが出す手の傾向について考察も/画像提供:サザエさんじゃんけん研究所(@jq1hkn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた