ニュース
» 2019年01月10日 19時00分 公開

ガシャポン、回転寿司、メダルゲーム…… 大人も欲しがる『幼稚園』の付録はどうやって作られているのか

発売後、たったの1週間で完売も。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 雑誌『幼稚園』の付録が快進撃を続けています。「回転寿司(関連記事)」や「ガシャポン(関連記事)」、そして2019年2月号の付録「メダルおとしゲーム」(関連記事)」などがヒットを飛ばし、書店では売り切れが続出するほど。


幼稚園付録インタビュー つい先日も話題になっていた『幼稚園 2月号』の付録「メダルおとしゲーム」

幼稚園付録インタビュー 「これが子どもの付録?」というカルチャーショック

 児童雑誌の付録とは思えない完成度や、大手企業とのコラボには大人の目もくぎ付けになっています。はたして、これらの「神付録」はどのように作られているのでしょうか? 小学館『幼稚園』編集部の大泉高志さんにお話を聞きました。


「かいてんずしゲーム」がはじまり

―― 以前からネット上では「幼稚園の付録が豪華すぎる」とたびたび話題になっています。豪華付録の路線になったのはいつからですか?

大泉さん:2018年9月号の付録「かいてんずしつかみゲーム×くら寿司」が豪華路線の始まりです。「かいてんずし」ならば、どうしてもモーターユニットで自動回転させたかったので。


幼稚園付録インタビュー くるくる寿司が回る、回転寿司でブレイクした

―― 以前から他企業とコラボすることはあった?

大泉さん:これもくら寿司さんとのコラボ付録が始まりです。この号から付録のテイストを変えましたが、ウケなかったらすぐにやめるつもりでした(笑)。

―― こうした付録は、誰がどのように設計・開発しているのですか?

大泉さん:編集部で会議はしますが、基本的には付録担当者が一人で作ります。流れは以下の通りです。

  1. ネタを決めたら、ペーパークラフト作家に発注。
  2. 白ダミーがあがってきたら、組み立てやすさなどをチェック。
  3. 設計が決まれば、イラストレーターに絵を発注。くら寿司などの場合は、食べものの実物を撮影。
  4. デザインされたものを組み立てて校了。

幼稚園付録インタビュー 実際に使われていた白ダミー

―― 今回、メダルゲームを題材に選んだのはなぜですか。

大泉さん:幼稚園児が「やりたいのに、やらせてもらえないこと」だからです。家で思う存分遊べたら、うれしいだろうなと。


セガ社員がメダルおとしゲームを奪い合った

―― セガに話を持ちかけたときの反応はいかがでしたか?

大泉さん:前例がないので戸惑っていました。ただ後日に白ダミーをお持ちすると、「すげえ!」と大喜びのご様子で。電動のスライドユニットが入っていることに驚かれたようです。「次はオレの番!」と、奪い合うように遊んでいただきました。


幼稚園付録インタビュー セガ担当者も熱くさせたメダルおとしゲーム

―― メダルゲームの再現にあたって苦労した点はありましたか。

大泉さん:はじめはスライドユニットの動作が速すぎて。「スピードはこの半分以下にして」と指示しました。

―― 工夫した点は?

大泉さん:本物は全面ガラス張りで、メダルには直接触れません。しかし付録では最初にメダルタワーを配置するなど、ある程度の自由が必要です。そこで、左右は思い切って壁をなくしました。デザイン的にも違和感がなく、組み立ても簡単になって一石二鳥でしたね。


ガシャポン×バンダイは1週間で完売

―― 過去特に反響が大きかった付録は?

 2018年10月号付録「ガシャポン×バンダイ」は1週間で完売しました。バンダイさんのガシャポン筐体そっくりのデザインです。ネットで話題にしてくれたのも要因ですね。


幼稚園付録インタビュー 反響が大きかったガシャポン

―― 今回のメダルおとしゲームはどんな反響がありましたか?

大泉さん:セガさんの公式ツイッター上の動画が20万回以上再生されていますし、売上も前述の「ガシャポン」に迫る勢いです。2019年1月末までの発売号ですが、そこまで在庫が持たないかもしれません。

―― 最後にひとこと、お願いします。

大泉さん:今後もしばらく「企業コラボ付録」を続けます。某外食チェーンやおもちゃメーカーなど、誰もが知る有名企業との付録が続々と登場予定です。「幼稚園」という雑誌ですが、大人もこっそり買いたくなる付録を目指します。


幼稚園付録インタビュー もはや、子どものごっこ遊びの範ちゅうではない



 TwitterなどのSNSでも「作ってみた」報告がたくさん投稿され、世代を超えて支持される幼稚園の付録。今後もさらなる「この手があったか!」に期待できそうですね。


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」