ニュース
» 2019年01月10日 19時00分 公開

ガシャポン、回転寿司、メダルゲーム…… 大人も欲しがる『幼稚園』の付録はどうやって作られているのか

発売後、たったの1週間で完売も。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 雑誌『幼稚園』の付録が快進撃を続けています。「回転寿司(関連記事)」や「ガシャポン(関連記事)」、そして2019年2月号の付録「メダルおとしゲーム」(関連記事)」などがヒットを飛ばし、書店では売り切れが続出するほど。


幼稚園付録インタビュー つい先日も話題になっていた『幼稚園 2月号』の付録「メダルおとしゲーム」

幼稚園付録インタビュー 「これが子どもの付録?」というカルチャーショック

 児童雑誌の付録とは思えない完成度や、大手企業とのコラボには大人の目もくぎ付けになっています。はたして、これらの「神付録」はどのように作られているのでしょうか? 小学館『幼稚園』編集部の大泉高志さんにお話を聞きました。


「かいてんずしゲーム」がはじまり

―― 以前からネット上では「幼稚園の付録が豪華すぎる」とたびたび話題になっています。豪華付録の路線になったのはいつからですか?

大泉さん:2018年9月号の付録「かいてんずしつかみゲーム×くら寿司」が豪華路線の始まりです。「かいてんずし」ならば、どうしてもモーターユニットで自動回転させたかったので。


幼稚園付録インタビュー くるくる寿司が回る、回転寿司でブレイクした

―― 以前から他企業とコラボすることはあった?

大泉さん:これもくら寿司さんとのコラボ付録が始まりです。この号から付録のテイストを変えましたが、ウケなかったらすぐにやめるつもりでした(笑)。

―― こうした付録は、誰がどのように設計・開発しているのですか?

大泉さん:編集部で会議はしますが、基本的には付録担当者が一人で作ります。流れは以下の通りです。

  1. ネタを決めたら、ペーパークラフト作家に発注。
  2. 白ダミーがあがってきたら、組み立てやすさなどをチェック。
  3. 設計が決まれば、イラストレーターに絵を発注。くら寿司などの場合は、食べものの実物を撮影。
  4. デザインされたものを組み立てて校了。

幼稚園付録インタビュー 実際に使われていた白ダミー

―― 今回、メダルゲームを題材に選んだのはなぜですか。

大泉さん:幼稚園児が「やりたいのに、やらせてもらえないこと」だからです。家で思う存分遊べたら、うれしいだろうなと。


セガ社員がメダルおとしゲームを奪い合った

―― セガに話を持ちかけたときの反応はいかがでしたか?

大泉さん:前例がないので戸惑っていました。ただ後日に白ダミーをお持ちすると、「すげえ!」と大喜びのご様子で。電動のスライドユニットが入っていることに驚かれたようです。「次はオレの番!」と、奪い合うように遊んでいただきました。


幼稚園付録インタビュー セガ担当者も熱くさせたメダルおとしゲーム

―― メダルゲームの再現にあたって苦労した点はありましたか。

大泉さん:はじめはスライドユニットの動作が速すぎて。「スピードはこの半分以下にして」と指示しました。

―― 工夫した点は?

大泉さん:本物は全面ガラス張りで、メダルには直接触れません。しかし付録では最初にメダルタワーを配置するなど、ある程度の自由が必要です。そこで、左右は思い切って壁をなくしました。デザイン的にも違和感がなく、組み立ても簡単になって一石二鳥でしたね。


ガシャポン×バンダイは1週間で完売

―― 過去特に反響が大きかった付録は?

 2018年10月号付録「ガシャポン×バンダイ」は1週間で完売しました。バンダイさんのガシャポン筐体そっくりのデザインです。ネットで話題にしてくれたのも要因ですね。


幼稚園付録インタビュー 反響が大きかったガシャポン

―― 今回のメダルおとしゲームはどんな反響がありましたか?

大泉さん:セガさんの公式ツイッター上の動画が20万回以上再生されていますし、売上も前述の「ガシャポン」に迫る勢いです。2019年1月末までの発売号ですが、そこまで在庫が持たないかもしれません。

―― 最後にひとこと、お願いします。

大泉さん:今後もしばらく「企業コラボ付録」を続けます。某外食チェーンやおもちゃメーカーなど、誰もが知る有名企業との付録が続々と登場予定です。「幼稚園」という雑誌ですが、大人もこっそり買いたくなる付録を目指します。


幼稚園付録インタビュー もはや、子どものごっこ遊びの範ちゅうではない



 TwitterなどのSNSでも「作ってみた」報告がたくさん投稿され、世代を超えて支持される幼稚園の付録。今後もさらなる「この手があったか!」に期待できそうですね。


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露