ニュース
» 2019年01月12日 16時00分 公開

ガチのレーシングカーで公道を!? F1名門チームが作り上げたサーキット専用マシン「ブラバム BT62」公道対応モデル発表(1/2 ページ)

各国の法規制に対応していくとのこと。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 「F1」の名門コントラクターチームとして知られている「ブラバム」が、サーキット専用モデルとして開発したレーシングカー「BT62」の公道仕様車を発表しました。

ブラバム BT62 スーパーカー レーシングカー 名門「ブラバム」が手がけるレーシングカー「BT62」公道対応モデル
ブラバム BT62 スーパーカー レーシングカー 2018年に発売された「BT62」

 BT62は最高710馬力を発揮する5.4リッター自然吸気V8エンジンを搭載したガチガチのレーシングカーで、乾燥重量972キロという超軽量カーボンファイバー製ボディに対して、最大1200キロものダウンフォースを発生させるエアロダイナミクスが特徴のマシンとなっており、2018年5月に100万ポンド(約1億3800万円)で発売されました。

ブラバム BT62 スーパーカー レーシングカー 超軽量カーボンファイバー製ボディ

 今回発表された公道仕様車は、サーキット走行のみを想定して作られたがゆえに排除されていたドアロックやエアコンが追加されるほか、リフトキットによる車高アップ、ステアリングロックの幅を広げるなど、法規制に対応。公道での走行が可能となるように、装備変更が行われています。

 基本スペックは変更されず、F1などのレーシングカーで採用されている多機能ステアリングもそのままとなっています。

ブラバム BT62 スーパーカー レーシングカー 公道対応モデルのコクピット
ブラバム BT62 スーパーカー レーシングカー めっちゃかっこいいステアリングはそのまま

 法規制の対応については、現時点では欧州とオーストラリアの市場向けに対応が進められており、ほかの地域については順次対応していくとしています。

 BT62公道仕様車は車両本体の価格とは別に15万ポンド(約2070万円)が必要となり、2019年夏から納車が開始される予定となっています。

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む