レビュー
» 2019年01月12日 14時30分 公開

スープラ復活、美しい新型Mazda3…… 東京オートサロン2019で見た「期待の新型車」5選東京オートサロン2019(2/2 ページ)

[agar,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

うぉぉ、GRじゃなくて“最強”チューニングのGRMNかよ! ガッツリMTの「マークX GRMN」

マークX GRMN マークX GRMN

 トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」が手掛けるスポーツカーシリーズ/チューニングブランド「GR」の新作として、「マークX GRMN」が東京オートサロンの開幕に合わせて発表されました(関連記事)。FR(フロントエンジン・リアドライブ)の駆動方式を持つ上級セダン「マークX」をベースに、GRシリーズの中でも最強仕様にチューニングした「GRMN」に仕立てた限定モデルです。

マークX GRMN マークX GRMN

 318馬力の3.5リッターV6エンジンに強化し、通常モデルにはもはや設定さえもない6速MTを組み合わせだけでも過激なヤバさや怖さを感じます。さらに、増しスポット溶接でボディー剛性をより高め、電動パワーステアリングのフィーリングも煮詰め直すなど、メーカー純正のコンプリートカーならではの徹底した改造が施されています。

 ……ノーマルのマークXとは“魔改造レベルで違う車両”になっているのではないでしょうか。販売は350台限定。受注開始は2019年3月11日で「成約順」だそうです。ちなみに、以前販売された「ヴィッツ GRMN」はその超絶ホットな仕様で瞬殺でした。350台なんて、今回も瞬殺でしょうね……。

まさかのダイハツGR仕様!? 「コペン GRスポーツコンセプト」

コペン GRスポーツコンセプト コペン GRスポーツコンセプト

 GRシリーズではもう1台、会場で注目を集めていた車両があります。トヨタ車ではなく、同社傘下のダイハツ車をベースにした初のGRシリーズ「コペン GRスポーツコンセプト」です(関連記事)

 ダイハツの軽オープンカー「コペン」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingによるボディー剛性の強化や足回りをチューニングし、内装もレカロ製スポーツシートなどで性能アップ。外装も他のGRシリーズに準じたスポーティなデザインに仕上がっていました。これは普通にカッコイイですね!

コペン GRスポーツコンセプト コペン GRスポーツコンセプト

 会場では、トヨタブースにホワイト、ダイハツブースにレッドと、計2台のGRコペンを披露。今回はあくまで参考出品としながらも、両ブースの説明員によれば「もちろん市販前提」といううれしいコメントも。近日の登場に期待すべき1台でしょう。

コペン GRスポーツコンセプト コペン GRスポーツコンセプト
コペン GRスポーツコンセプト コペン GRスポーツコンセプト

インプレッサ×STIも熱い!「インプレッサ STIコンセプト」

インプレッサ STIコンセプト インプレッサ STIコンセプト

 かつて世界ラリー選手権(WRC)などで活躍し、三菱自動車の「ランサーエボリューション」シリーズと高性能なターボスポーツ四駆車で人気を二分した「インプレッサ」。昭和世代、頭文字D世代の皆さんはよくご存じだと思います。

 さて、スポーツモデル「インプレッサ WRX STI」の流れをくむホットモデルは、スポーツセダン「WRX STI」(関連記事)として独立しました。その一方で、5ドアハッチバックは「インプレッサ SPORT」、4ドアセダンは「インプレッサ G4」として展開しています。インプの車名こそ残ってはいるものの、当時の「ぶっ飛び高性能」なイメージとは違う車種になり、またスポーツモデル不在の状況に一抹の寂しさを感じている人は少なくありません。

インプレッサ STIコンセプト インプレッサ STIコンセプト

 2019年のSUBARUはどうでしょう。モータースポーツ部門「スバルテクニカインターナショナル(STI)」がインプレッサ SPORTをベースにした「STIコンセプト」を参考出品しました。カスタム内容やWRX STIの存在を考えると、本格的なスポーツ走行のためのモデルというよりは、レヴォーグやWRX S4に設定されているようなライトチューンの「STIスポーツ」に近いと考えられます。

 もっとも、往年のインプの代わりならばWRX STIとか限定の超ホットモデル「S」シリーズ(関連記事)があります。前述したトヨタのGRや、日産のNISMO仕様、ホンダのModulo仕様など「普段は家族用。でもたまに一人で熱くなれる」とするディーラーで注文可能な純正チューンモデル、需要は2019年もかなりありそうです。

(参考)フォレスター STIコンセプト (参考)フォレスター STIコンセプトも
(参考)フォレスター STIコンセプト (参考)ちょっと厳ついスタイルに
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」