連載
» 2019年01月13日 14時00分 公開

圧倒的不審者の工房:海藻を固めて研いで包丁を作ってみた → 切れ味鋭い包丁が完成するも愛する包丁を失うまさかの展開へ

これは悲しい愛の物語。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 クリスマスは大切な人と過ごしたという人も多いでしょう。数々の包丁を作り続けてきた圧倒的不審者の極み!さんのクリスマスも、今まで作ってきたUVレジン包丁(関連記事)、木材包丁(関連記事)、牛乳包丁(関連記事)を使って湯豆腐を作るという、包丁への愛があふれる日となりました。が、その後なぜか湯豆腐に使った昆布を包丁にしようと試みたようです。

 湯豆腐のダシを取るために使った昆布は、乾燥するとまた固くなりました。そのまま包丁になるのではないかと思いましたが、強度が足りず失敗してしまいます。そこで観葉植物の肥料として使われている消石灰を使うことにしました。一歩間違うと失明するといわれる消石灰……!

圧倒的不審者の極み 包丁 海藻が包丁になります
圧倒的不審者の極み 包丁 このキレイな包丁はレジン製
圧倒的不審者の極み 包丁 こっちは木材でできた包丁
圧倒的不審者の極み 包丁 本格的に取扱い注意の化学物質きた

 あらゆる海藻の中から包丁になる素質のある海藻を発見。煮込んでトロトロの液体にして、消石灰を水で溶いた石灰水と混ぜるとセメントのようなものができました。乾燥させて強度を計測してみたら、今度はカチカチです。しかしミルク包丁の強度が79.5だったのに対してこちらは64と、少し不安が残ります。

圧倒的不審者の極み 包丁 包丁の素質があるとして厳選された海藻
圧倒的不審者の極み 包丁 グツグツ煮込んでとろとろになってきた!
圧倒的不審者の極み 包丁 料理作ってるみたいに見えるけど食べられないやつ
圧倒的不審者の極み 包丁 これはつまりしっくいか!
圧倒的不審者の極み 包丁 ちょっと強度が心配

 でき上がった素材を包丁の形にして乾燥させたらカチカチになりました。ここまできたら次は研ぎまくるターン。研いで研いでひたすら研いだらキラリと光る鋭い刃が出来上がりました。とうとう海藻が包丁になってしまった!

圧倒的不審者の極み 包丁 だんだん形になってきた!
圧倒的不審者の極み 包丁圧倒的不審者の極み 包丁圧倒的不審者の極み 包丁 いろんな砥石で研いで研いで研ぎまくる!

 このままでは持ちにくいので、持ち手を取り付けられるように形を整えて牛乳包丁の時に作った牛の柄にはめ込みます。問題なく紙もきゅうりもスパッと切れました。さすがのクオリティー。

圧倒的不審者の極み 包丁 最後の仕上げへ!
圧倒的不審者の極み 包丁 牛乳包丁の時に作った持ち手をつけて使いやすく
圧倒的不審者の極み 包丁 さすがの切れ味です
圧倒的不審者の極み 包丁 きゅうりの千切りも問題ありません

 切れ味も確認できたところで困ったことが。包丁は2本ありますが、柄は1本のみ。柄をどちらに戻そうかと考え、なぜか包丁をぶつけ合うことに。しかしその結果どちらも刃こぼれしてしまい、2本とも包丁としての人生を終えてしまったのでした。自らの過ちにより2本もの愛する包丁を失うことになってしまったのです。どうしてそんなことをしてしまったんだ……。

圧倒的不審者の極み 包丁 ちょ……、おま……!!
圧倒的不審者の極み 包丁 共倒れとなってしまった包丁さんたち……

 まさかの悲劇的結末に「牛乳包丁と海藻包丁よ、安らかに」「なぜ世界で唯一の牛乳包丁を壊してしまったのか」という悲嘆に暮れるコメントがついています。圧倒的不審者の極み!さんにクリスマスを平和に過ごせる日は来るのでしょうか。

圧倒的不審者の極み 包丁 これは良く切れそう

画像提供:圧倒的不審者の極み!さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた