ニュース
» 2019年01月16日 17時00分 公開

日本でも売ってよ! マジスゲー歴代最強341馬力「S209」爆誕、2.5Lターボの純正過激なチューンドカー(1/2 ページ)

200台限定。残念ながら北米市場向け。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は、スポーツセダン「WRX STI」の限定モデル「S209」をデトロイトモーターショー2019で発表しました(関連記事)。販売は北米市場のみで200台限定。2019年以内に発売予定としています。

S209 S209(写真:SUBARU、以下同)

 Sシリーズは、同社のモータースポーツ部門であるスバルテクニカインターナショナル(STI)によるチューニングが施されたメーカー純正の“官能チューニング”コンプリートカー。S206までは「インプレッサ WRX STI」、S207以降は現行「WRX STI(VAB型)」をベースに開発されています。毎回、数百台の限定台数は「販売開始後、瞬殺」なほどに人気があります。

 今回投入するS209は、Sシリーズ初の北米市場限定車。そのため、ベース車両も北米仕様のWRX STIを用い、パワートレインには日本市場向けモデルにはない2.5リッターの水平対向4気筒エンジン「EJ25」を搭載します

北米仕様の「WRX STI」をベースとした最強チューン 北米仕様の「WRX STI」をベースとした最強チューン

 Sシリーズはやはり「メーカー純正のハイチューン済み」であることが何よりのポイント。S209は、EJ25エンジンに、専用開発の大径ターボチャージャーと大口径テールパイプによる低排圧マフラー、ECUチューニングなどによって、歴代Sシリーズ最強となる341馬力の強烈パワーを発揮します。

 足回りには、19インチのBBS製鍛造ホイールとビルシュタイン製ダンパー、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車両で効果を実証済みという独自設計のストラットタワーバーなどのSTI独自パーツを含めた高性能パーツを惜しみなく組み込んでいます。

 いかにも速そうなスタイリングも魅力です。シンプルなホワイトボディーに、モリモリッと広げられたワイドフェンダー、ゴールドのホイール、クッと絶妙に下げられた車高、そしてリアのGTウイングだけで「ただモノではない感」が噴出しています。ボディーカラーにはホワイト(クリスタルホワイト・パール)のほかに、スバル車ならではの青色「WRブルー・パール」(関連記事)も選べます。

S209 SUBARU S209の主な仕様

 価格は2019年1月現在未定。参考までに2017年に販売された450台限定の「S208」(関連記事)は標準モデルで626万4000円、カーボンリアウイング付きのニュルブルクリンクパッケージは710万6400円でした。今回の販売は北米市場のみで、残念ながら日本市場での販売予定はありません。「前回は瞬殺で買えなかったので、今回は狙っていたのに……。日本でも売ってほしい! 欲しい!」という日本のスバリストは多そうです。

(参考)S208 (参考)S208
 【修正 2019年1月16日 20時】初出時、入力ミスで「S290」と記述していた箇所がありました。お詫びして訂正いたします。また、ご指摘いただいた読者の方、誠にありがとうございます
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する