ニュース
» 2019年01月17日 16時39分 公開

BMW、新「7シリーズ」世界初披露 かなり大型化したキドニーグリルで存在感もビッグに (1/5)

BMWの最上級セダン「7シリーズ」を改良した新モデルが登場。【写真38枚】

[ねとらぼ]

 独BMWは1月16日、フラッグシップセダン「7シリーズ」をフェイスリフトした新モデルを世界初披露しました。BMWのシンボル「キドニーグリル」を40%も大型化するなどデザインを刷新し、最上級モデルの風格を一段と高めています。

photo 存在感を増した新「7シリーズ」

 2015年に発表した現行モデル(6代目)を改良。大型化したキドニーグリルが目を引くフロント部は、ヘッドライトやバンパーなども新デザインに変更したほか、ボンネットのBMWバッジも大型化。複雑な造形のリアランプや大きくなったエグゾーストテールパイプなど、フラッグシップモデルらしい存在感を存分にアピールしています。

photo

 内装も、ナビ画面をメーター部に映す「ライブコクピットプロフェッショナル」を搭載するなど、最新技術にアップデート。VIPカーらしく、リアシート用のエンターテインメントシステムは10インチのタッチ操作対応ディスプレイを備えています。

photo

 6.6リッターV型12気筒エンジンを搭載する「M760Li xDrive」、4.4リッターV型8気筒エンジン搭載の「750i」や、プラグインハイブリッド「745e」などをラインアップします。

 最近のBMWは高級モデルへの注力を加速しており、最上級クーペ「8シリーズ」を投入したほか、最上級SUV「X7」も発表しています。新7シリーズのお披露目の場に選ばれたのは中国・上海。2018年に販売された7シリーズの44%は中国向けだったとのことです。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.