ニュース
» 2019年01月18日 10時32分 公開

サブウェイ「日本から撤退する予定はございません」 FC店運営会社破産報道で利用者から心配の声

ほっと一安心。

[Kikka,ねとらぼ]

 サンドイッチチェーンの「サブウェイ」が1月18日深夜に公式Twitterを更新し、「日本から撤退する予定はございません」との声明を発表しました。フランチャイズ店の運営会社破産報道や大量閉店報道を受けて。


サブウェイ サブウェイ公式Twitter(公式Twitterより)

 声明ではまず「この度加盟店様の件について、多大なるご心配をおかけしておりますが、サブウェイ全体のお話ではございません。また、サブウェイが日本から撤退する予定はございません」とコメント。「多くのお客様よりサブウェイがなくなるとご心配の声をお寄せいただいておりますが、日本から撤退する予定はございません。応援してくださるファンの皆様のお言葉には大変励まされております。皆様の声に応えていけるよう身を引き締めて改革を進めてまいります」と、日本撤退はないとの姿勢を強調しました。

 こうした発表が行われたのは、1月16日に首都圏を中心にサブウェイのフランチャイズ店舗を複数運営していた「エージー・コーポレーション」が破産したと報じられた他、1月17日にも「4年半で200店減のサブウェイ」と題した記事が掲載されたことがきっかけ。ネットでは「サブウェイの運営会社破産ってマ?」「日本撤退ありうるな。今のうちに食べに行かないと」と誤った情報や心配の声が多数上がっていました。


サブウェイ 破産したエージー・コーポレーション(公式サイトより)

 今回の声明をうけてサブウェイの利用者からは「安心しました」「サブウェイ頑張ってください!」「むしろ大好きだから店舗増やして欲しいです!」との声が上がっている他、公式ツイートには3800件を超える“いいね”が寄せられています。


サブウェイ サブウェイ公式サイトにも同じ内容の声明(公式サイトより)

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.