コラム
» 2019年01月21日 11時00分 公開

【マンガ】ヘアバンド「カチューシャ」が海外では通じない理由

もともとはロシアの女性の愛称。

[ねとらぼ]

 「カチューシャ」といえば、アルファベットの「C」の形をしたヘアバンド。実はこの言葉は、もともと「エカテリーナという女性名の愛称」を指し、海外では通じないといわれています。

 では、どうして日本では、この愛称がアクセサリーの一種を指すようになったのでしょうか。

解説

 一説によると、ヘアバンド「カチューシャ」の由来は、大正時代に大ヒットを記録したある舞台だといわれています。ロシアの文豪・トルストイによる長編小説「復活」を、作家・島村抱月による脚色のもと上演されたもの。

 同作には「カチューシャ」と呼ばれる女性主人公が登場するのですが、その人気ぶりがすさまじく、若い女性のあいだで「カチューシャ髪」というヘアスタイルが流行し、学校では劇中歌「カチューシャの唄」が禁止されるほどだったとか。

 説に従うと「こうしたブームの中で、C字型のヘアバンドが『カチューシャ』と呼ばれるようになった」ということになります。ちなみに、当時は「カチューシャくし」「カチューシャ指輪」「カチューシャリボン」といった便乗商品まで現れており、何というかカオスな状況だったようです。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.