ニュース
» 2019年01月18日 15時29分 公開

都内で見つかったバンクシーらしき絵 小池都知事が対応を説明 「贈り物だと思います」「落書きを勧めているわけではない」

小池百合子都知事がTwitterで報告し話題を集めていました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 覆面アーティスト・Banksy(バンクシー)の作品とおぼしき絵が都内に見つかったことについて、1月18日14時から開かれた都知事記者会見で小池百合子知事が感想や対応を説明した。

東京都公式サイト「小池知事記者会見生放送」配信より

話題を集めている、バンクシーの作品とおぼしき絵(小池都知事Twitterより

 バンクシーは英ロンドンを中心に活動し、世界各地にストリートアートをゲリラ的に描く手法で知られるアーティスト。パレスチナ自治区のガソリンスタンド横の壁に、壁に火炎瓶の代わりに花束を投げようとするギャングの絵を描くなど、アートには社会への風刺やメッセージ性があることでも知られている。本名などプロフィールの多くが謎に包まれており、2018年10月にオークションで競売にかけられた代表作は104万2000ポンド(当時約1億5000万円)で落札された(関連記事)。

 17日に小池知事はTwitterで、「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです」と、2枚の写真を投稿。1枚は、港区にある防潮扉に傘をさしたネズミの絵が描かれた写真、もう1枚はその隣でネズミと同じポーズで座る小池知事の写真だった。

見つかった絵とおなじポーズで座る小池都知事(小池都知事Twitterより

 小池都知事は会見で記者から感想を求められると「私が見に行ったり世間が盛り上がったりしているところが、バンクシーの思う所なんだろうと思いました。本物かどうかは専門家の意見を聞いてみないとわかりませんし、それを誰に聞くのか、果たして本人に聞くのか、そういったことを含めて非常にバンクシーらしさが満載だと思います」とほほ笑みながら述べた。

 今後については「専門家の意見から聞いて進めていきます。公開できるのか、展示するのか。本人の了承は必要なのか著作権面の問題も出てくるので、今後少し時間がかかるように思います」と対応を説明。

 一方で公共物に書き込まれたことに対し、「とはいえ落書きなので、落書きそのものを許すということではございません。小さくて美観を損ねるものではなく、大切な防潮扉の機能を阻害しているわけではありませんが、都民にとって役割を果たしている防潮扉に、この話題で多くの人が見に集まる可能性もあります。無用な混乱を招かないように対応しました」と述べた後、「かわいいネズミの絵でした」と言い添えた。

 本当にバンクシーの作品だった場合、その社会への風刺やメッセージ性についてはどう思うか尋ねられると、「本人に聞いてみたいところですね。10年前からあるという声もありますし、バンクシーが(絵のあった場所の)近くでデザイナーとして働いていたという話もあるようです。ですがいろいろとうわさレベルです。じゃあどこに連絡して本人に確認するのか対応や意見を交わしていく……言ってみればバンクシーという人はその話題も含めてアートだと考える人だと思います。本物かどうかは別にして、バンクシーっぽいことにはなっていると思います」。

 Twitterでの「東京への贈り物かも?」発言に賛否両論が起こっていることについては、「でも贈り物だと思います。ただ落書きを勧めているわけではございません」と言い切った。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」