ニュース
» 2019年01月18日 17時45分 公開

ソニーのロボットトイ「toio」登場 キューブ型ロボをコントローラーやプログラムで自在に操作

シンプルなので、自由に装飾して遊べます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 子どもの教育向けロボット「toio(トイオ)」を、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が3月20日に発売します。価格は基本セットが1万6980円。キューブ型のロボットを、コントローラーやプログラムで自由に動かせます。


基本セット toioの基本セット

操作 リング型コントローラーを振ったり、プログラムで指示したりして、キューブ型のロボットを動かせます

 基本セットには、ロボットとリング型コントローラーが2組、システムの核となる「toioコンソール」が同梱。これに別売(各5980円)のカートリッジとプレイマットを加えて使用します。カートリッジ「トイオ・コレクション」と基本セットを合わせたバリューパックも、1万9980円で数量限定販売。


トイオ・コレクションゲズンロイドロジーボ カートリッジのラインアップは、5種類の遊びを収めた「トイオ・コレクション」、「ピタゴラ装置」のユーフラテスが手がける「工作生物 ゲズンロイド」、プログラムの基本要素「順次・分岐・反復」が学べる「GoGoロボットプログラミング」

 ロボットは32ミリ幅と小型ながら、向きや加速度の検出システムを搭載。プレイマット上の位置を検出するセンサーもあるので、土俵を設けてロボットに相撲をさせたり、迷路を通らせたりといった遊びができます。


相撲

相撲

相撲 ロボットをベースに「動く工作」を作って対戦

 デザインがシンプルゆえ装飾しやすく、スプーンを載せてピンポン球を運ばせたり、目鼻の絵を付けて「動く福笑い」にしたりと、アイデア次第で幅広い応用が可能。ビジュアルプログラミング環境やJavaScriptなどで開発した、自作プログラムで制御するための開発環境も無償で提供される予定です。


スプーン ロボットでスプーン競走

2足 2台を紙でつないで二足歩行風に

福笑い 古典的な遊びをハイテクで

プログラム

プログラム デモ動画には、Macでロボットを制御して迷路を抜けさせる例が

 toioは1月19日から始まる「次世代ワールドホビーフェア'19 Winter」と、2月9・10日の「ワンダーメイクフェス5」で試遊出展を予定。発売後も、親子参加型のイベントや、クリエイター向けのコンテストなどが予定されています。

※価格は全て税別



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.