ニュース
» 2019年01月21日 13時51分 公開

批判殺到の漫画「腐女子カースト」配信元が謝罪 当該エッセイの配信停止を発表

「読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません」。

[ねとらぼ]

 批判が寄せられていた漫画「腐女子カースト〜底辺同士のマウント合戦」について、配信元のデジタルエッセイコミックレーベル「COMIC維新りあら」(運営会社:ウェイブ)が1月21日謝罪しました。「読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません」「当該エッセイは近日中に配信停止させて頂くことになりました」とコメントしています。

腐女子カースト 批判が殺到していた漫画「腐女子カースト」
腐女子カースト Twitterで謝罪

 「腐女子カースト」は原作かわいこなみさん、漫画おくいぞめさんによる漫画。「腐女子の世界にも、オンナ同士の熾烈なマウント合戦が存在した」「底辺の中にも、実はさらなるヒエラルキーがあるんです」――と、腐女子(BL好きの女子)の生態について描くようなコミックエッセイでした。

 1月18日にTwitterで1話を掲載すると(21日現在、アカウントは削除)、大きな反響が。1話は「『同居人』アピールをする自己顕示欲バリバリ腐女子」「腐女子のおしゃれ事情」「あざとい女には素直にムカつけばいいのに」の3エピソードから構成されており、容姿や同居人(恋人)の有無に関する批判が描かれていました。

 ネットでは、「創作活動の実力などのカーストではなく、単なる容姿批判だった」「腐女子ならではのカーストではない」など批判が殺到。また「本当の腐女子カーストとは」といった大喜利が始まり、一時はTwitterトレンドの上位に「腐女子カースト」がランクインし続ける状態となっていました。

 COMIC維新りあら編集部は21日、Twitter上で「不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません」と謝罪。各電子書籍で無料配信されていた「腐女子カースト」の配信を停止すると発表しました。「皆様から頂いたご意見は真摯に受け止め、制作体制の見直しを行って参りたい」としています。

COMIC維新りあら編集部コメント全文

 当レーベルより電子配信しております、「腐女子カースト〜底辺同士のマウント合戦」について、読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません。

 当該エッセイは近日中に配信停止させて頂くことになりましたので、ご報告させて頂きます。

 また、本作品の制作に関しては、当社が全ての責任を負っています。作画担当者様はもちろん原作担当者様も、当社からの依頼を受け、執筆頂いているものになります。

 皆様から頂いたご意見は真摯に受け止め、制作体制の見直しを行って参りたいと考えております。

 末筆ながら、この度の件につきまして、重ねてお詫び申し上げます。

COMIC維新りあら編集部

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む