ニュース
» 2019年01月21日 19時00分 公開

日産、謎のクローラー推し セダン「アルティマ」をクローラー仕様に魔改造したマシン「Altima-te」公開 (1/2)

ジュークに続いてアルティマまで……謎のクローラー推し?

[agar,ねとらぼ]

 日産自動車は、ファミリーセダン「アルティマ」に無限軌道装置を装着したコンセプトカー「Altima-te AWD」を発表。カナダで開催された「モントリオールオートショー2019」で公開しました。

Altima-te AWD Altima-te AWD(写真:日産自動車、以下同)

 車名のアルティマ(Altima)と“究極(Ultimate)”をかけてAltima-teと名付けられたこちらのコンセプトカーは、北米市場で販売されているセダン・アルティマがベース。アルティマは日本や中国で販売されている「ティアナ」の兄弟車にあたります。

 元々はごく普通の中型セダンですが、タイヤをおにぎり型のクローラー(無限軌道)にズガンと換装。大きく張り出したワイドフェンダーを装備して、SUV顔負けの迫力あふれるスタイルに生まれ変わりました。

クローラー仕様で雪道を爆走 クローラー仕様で雪道を爆走

 「なぜセダンをベースに?」と疑問に思うかもしれませんが、雪煙を巻き上げて爆走する姿は意外とサマになっています。2018年に発売された6代目アルティマはシリーズ初のAWD(全輪駆動)モデルが設定されたことも特徴のひとつなので、走りをアピールするねらいもあるのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.