ニュース
» 2019年01月22日 12時00分 公開

「VODがテレビを逆転」「TikTokで14億人がバイヤーに」 中国戦略マーケター「なつよ」さんが見た、2019年の中国で起こっていること(1/3 ページ)

淘汰されないために。

[ひらりさ,ねとらぼ]

 2018年11月。世界中を驚愕させた、ある「炎上」が起きた。

 イタリアの有名ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」の、中国市場向けCMに端を発する、ブランド不買事件だ。



 CMへの反応に対し、デザイナーがInstagramのDMで発した「中国人への侮辱発言」が外部に流出し、中国での反ドルガバ感情はおそろしい勢いで拡大。同ブランドは中国最大のSNS・微博(weibo)上で謝罪動画をあげることになったのみならず、途方もない損失を被ることになった。

 そんな前代未聞の大炎上のディテールと中国人の感情の背景を、誰よりも早く誰よりも丁寧に解説し、話題となったTwitterアカウントがいる。「なつよ」さんだ。



 プロフィール欄には「ラッパー」とのみ書いてある謎めいた彼女――陳暁夏代(ちんしょう・なつよ)さんの本業は、“中国戦略マーケター”。日中を行き来しながら育ったバックグラウンドを生かし、幅広い日本企業の中国進出を支援する事業を行う合同会社・digdogを経営している。

 仕事でもプライベートでも貪欲に中国トレンドを追っているなつよさんが、このたび、広告会社マッキャンエリクソン本社で行われたトークイベント「木曜日のミレニアルズ」に登壇。「中国トレンドを知れば世界が見える――君たちはどう生きるか2019」のタイトルのもと、中国トレンドを理解するためのヒントをレクチャーした。同イベントの内容を、再構成してお届けしたい。



理解のものさしは、「世代」「地域」「等級」

 中国のイメージが、「とにかく人口が多い!」「お金持ちが爆買い!」「キャッシュレスが進んでる!」というぼんやりしたものでとどまっている人は少なくないだろう。まずなつよさんが提案するのは、トレンドを理解するための「ものさし」を持つことだ。

 その1つが「世代」

 「中国の経済状況や政策はかなりのスピードで変化しているので、世代ごとに育ち方が全然違い、性格や特性も変わってくる。中国人は漠然とお金持ちというイメージが最近ではあるかもしれませんが、それは一部の話で、60〜70代の人の大半は年金でつつましく暮らしてますし、お金の稼ぎ方も人それぞれ。世代分析も5歳刻みで行われることが多いです」

 2018年トレンドをけん引しているのは、ボリュームゾーンである1990〜1995年生まれの“90後”。彼らとそのすぐ下の世代の“95後”“00後”が、あらゆるエンターテインメントのファン層を担っているそうだ。



 そして世代と同じくらい重要なのが、「地域」。中国の国土は非常に広大なためエリアによって気候が全く違い、売れる化粧品や服が変わってくる。

 さらに、中国特有の要素として存在するのが「等級」。毎年政府が政治や経済における総合評価で「1級都市」「2級都市」とランクづけしているが、この等級によって、かなり市民の性質が違う。等級が高い都市の市民のほうが年収やリテラシーは高いが、等級の低い都市のほうが人口は多い。

 「例えば短尺動画アプリのTikTok(抖音)は最初は1〜2級都市で使われていて、次第に3〜4級都市に広がったんですけど、それに合わせてアプリのUIもだいぶ変わってきました。どこの等級の都市で流行らせたいかでプロモーションのやりかたは全然違ってくるんです。3〜4級都市狙いで始めるサービスだと、ログイン回数に応じて現金をばらまくキャンペーンが人気ですね」

 「世代」「地域」「等級」の3つを意識することで、さまざまなレポートを読み解くことができたり、中国トレンドの背景分析ができたりするようになるという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」