ニュース
» 2019年01月25日 10時00分 公開

Switch「Fit Boxing(フィットボクシング)」が異例の“ジワ売れ”、「想像以上にキッツイ」と人気広がる (2/2)

[池谷勇人,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

―― ダウンロード版はいかがですか?

 ダウンロード版も好調です。毎日少しづつ継続するゲーム性のためか、ダウンロード版の購入比率が非常に高くなっています。

―― こういう売れ方は当初から想定していましたか。

 Wiiの時代にシェイプボクシングという同様のシリーズを展開していたため、ある程度の想定はしていました。ただ、Switchではフィットネス・エクササイズジャンルのソフトが発売されていないので、正直なところ少し不安はありました。ハードが普及してマーケットが広がってきたこのタイミングで出せたのは良かったと思います。


Fit Boxing Wiiで発売された「シェイプボクシング Wiiでエンジョイダイエット! 」

―― なんとなくですが、ネット上の反応を見ていると、ニンテンドーDSで「脳トレ」が流行しはじめた時に近いような印象を受けます。

 そうなってくれると良いですね(笑)。ネット上ではポジティブな反響が多く、感謝のお便りも寄せられており、関係者一同、うれしく思っています。

―― 「Fit Boxing」がSwitchユーザーに受けたのはなぜだと思いますか。

 単純に、今のSwitch市場にエクササイズ系のゲームが他になかったというのは大きいかもしれません。また、収録しているコンテンツは、フィットボクシングジャパンという団体が、実際にスポーツジムで展開している本格的なボクシングプログラムなので、効果を実感いただけたのだと思います。

 あとTwitterでの反応を見ていると、声優さんに反応してくれている声が多かったですね。声優さんがゲーム中、マンツーマンで自分にずっと語りかけてくれる、というのが新鮮に感じられたのかもしれません。


Fit Boxing 毎日どれくらいトレーニングしたかをグラフで表示してくれる機能も

Fit Boxing インストラクターの声優が異様に豪華なのも起爆剤に(公式サイトより)

―― 確かに、早見沙織さんや中村悠一さんに指導してもらえるのがいい、という声はよく見かけました。

 それともう1つ、発売前に配信した体験版の評判がすごく良かったんです。先述の通り、実際にスポーツジムで実施されている本格的なプログラムなので、体験していただければ良さを実感していただけると思っていましたが、男性のコアゲーマーにも好評だったのはちょっと意外でした。



―― ここまで褒められるというのは珍しいですね。もう1つ、遊んだ人の反応を見ていると「思ったよりキツい」という声も目立っていました。

 10分もやったら汗だくになりますよね。音ゲー感覚で手軽に楽しめますが、体験版でもちゃんとやると筋肉痛になったりしますし、満足感がすぐに実感できるというのも広がるきっかけになったのかもしれません。

―― 今後どれくらい売れたら、という目標はありますか。

 販売本数よりも、今後「エクササイズ系ゲーム」というジャンルがもっと認知されて、大きなマーケットになってくれたらうれしいですね。そのためにも、まずは「Fit Boxing」を、今の環境の中でしっかり売っていくのが大事だと思っています。




 「Fit Boxing」は5800円(税別)で発売中、ニンテンドーeショップでは無料の体験版も配信されています。今後の売れ方次第では、Switchの意外なダークホースになるかもしれません。


Fit BoxingFit Boxing 編集部でも遊んだらめちゃくちゃ盛り上がった

Fit BoxingFit Boxing キショ松さん(ちょっとだけボクシング経験あり)のフォームがガチすぎて一時編集部内でコラ素材化された、というどうでもいい余談

(C) Imagineer Co., Ltd.



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた