ニュース
» 2019年01月23日 11時50分 公開

1年中いちご狩りが楽しめる施設が横浜にあるって知ってた? 東京ストロベリーパーク体験レポ (1/3)

横浜にこんないい施設があるなんて知らなかった!

[式,ねとらぼ]

 横浜にある一年中いちご狩りが楽しめる「東京ストロベリーパーク」。いちごにまつわる5つのセクションから成り、ずーっといちごづくしを堪能できるいちごのテーマパークです。いちごを狩り、眺め、味わい、愛でると、いちご好きにはたまらないステキなこの施設をレポートします。

東京ストロベリーパークロゴ

 2018年の4月29日にオープンした東京ストロベリーパークは、東京電力フュエル&パワーが運営しています。横浜火力発電所の隣にあり、JR鶴見駅から横浜市営バスで行ってきました。(余談ですが、お子さん連れの方は車の方が楽だと思います)

 周りは工場や倉庫らしい殺風景な場所。いちごがあるとは思えない風景の中、横浜火力発電所の門をくぐるとかわいらしいいちごのマークが飾られた東京ストロベリーパークの施設が見えました。今回、案内してくださる井田さんと中へ。お昼時ということもあり、まずはビュッフェに向かいます。

東京ストロベリーパーク施設外観 左手が入り口。建物のロゴがキュート
東京ストロベリーパーク玄関 入り口で大きないちごがお出迎え

見てるだけでも楽しい「PARK SIDE KITCHEN」

ビュッフェ入り口

 「PARK SIDE KITCHEN」は、スイーツが充実したオシャレなイタリアンビッフェ。何より目を引いたのは2つのテーブルに用意されたスイーツ! 特に中央のテーブルにある2つのチョコレートファウンテンは圧巻です。ひとつはノーマルのチョコレートが湧き出ており、もう片方はいちごチョコが誘惑してきます。そばにはチョコ掛けする定番のワッフル、バナナ、マシュマロだけでなく、いちごのプチシューやいちご大福まであって、テンションあがります。個人的にはプチシューがおすすめです。いくらでも食べられそうでした。

2つのファウンテン ダブルファウンテンがすごい迫力

 またその隣のテーブルにはフルーツポンチやヨーグルト、白玉、プチケーキなどがあり、自分好みのスイーツディッシュを作る楽しさもありました。

スイーツテーブル プチケーキやフルーツポンチ、ヨーグルトなどスイーツだらけ

 もちろん食事も豪華。テーブルにところせましと、アンティパスト、ピザやパスタ、スープなどが並び、どれもおいしいお料理でした。神奈川温野菜のサラダといった目新しいものがあったのもうれしかったです。

イタリアン 一番左のカラフルな温野菜が甘くてびっくり

 井田さんによれば、ビュッフェだけを利用するお客さんも多いそうです。メニューは日によって変わるので、ビュッフェを目当てに足しげく通うのもアリですね。平日は大人2100円、小学生以下1100円。休日は2500円、小学生以下1300円。どちらも3歳以下のお子さんは無料で、90分制・ドリンクバー付きになっています。休日は少しだけお高くなっていますが、平日には出ない特別メニューが追加されるので、ある意味お得かもしれません。席数は多いですが、お話を伺っている限り、予約は必ずしていったほうがいいと思います。お客さんの少ないという月曜日でも、12時頃にはかなり盛況になっていました。

ドンリンクバー ドリンクバーもセンスいい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.