コラム
» 2019年01月24日 11時00分 公開

【マンガ】卵焼き器に「関東型」「関西型」がある理由

卵焼きの巻き方が違うのだとか。

[ねとらぼ]

 お弁当などのおかずの定番、卵焼き。それを作る専用のフライパン「卵焼き器」には、関東、関西で違いがあるということをご存じですか?

解説

 「関東型」と呼ばれる卵焼き器は正方形をしており、「関西型」は縦に長い長方形。形状が違う理由には諸説ありますが、よく取り上げられるのは「玉子を巻くときのやり方が違う」ということ。

 砂糖、みりんなどで味付けする関東風の卵焼きは「奥側から手前に向かって一気に、厚く巻く」、対して、たっぷりのだし汁を使い、水気が多い関西の卵焼きは「薄く焼いて、手前側から奥に向かって少しずつ巻く」のだとか。ちなみに、家庭で使いやすい方は、関西型とされることが多いようです。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう