ニュース
» 2019年01月23日 14時15分 公開

その名は「ギャラガドン」 名作ゲーム「ギャラガ」、新発見の古代ザメの語源に

ゲームの公式アカウントも「光栄です!」と反応。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 名作シューティングゲーム「ギャラガ」(1981年/ナムコ)が、約6700万年前の地層から発見された新種のサメの名に冠されました。その名も「Galagadon(ギャラガドン) nordquisteae」。ノースカロライナ州立大学が紹介した論文に、「由来は歯の形がギャラガの宇宙船に似ているから」と記されています。


歯の化石 発見された歯の化石

ギャラガ 下方の白い機体が、「ギャラガ」の宇宙船(自機)。確かに化石画像の5〜8番が似ている(公式動画より)

 新種のサメが発見されたのは、1990年にティラノサウルス「スー」の化石が、完全に近い形で発掘されたことで有名な米サウスダコタ州。その際に残った堆積物を引き続き調査していたところ、幅1ミリ未満という小さな歯の化石が2ダースほど見つかったといいます。

 研究者は、この化石をテンジクザメの先祖とみて、ギャラガドンと命名。歯のサイズから、全長は30センチから45センチ程度と推測しています。


想像図 ギャラガドンの想像図(フィールド自然史博物館より)

 海外での報道を受けて、ゲーム公式の「UGSFシリーズ」アカウントも反応。「ギャ……ギャラガドン!? とうとうこんな古代にまでその名がつけられるとは……光栄です!」と、喜びを述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.