ニュース
» 2019年01月23日 16時16分 公開

ソニーのロボット犬「aibo」がお家をパトロールする「aiboのおまわりさん」発表 限定カラーモデルも登場

新たな“毛色”の「aibo チョコ エディション」も登場です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ソニーは1月23日、自立型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」の家族をみまもる新サービス「aiboのおまわりさん」の提供を発表。また2019年の限定カラーモデル「aibo チョコ エディション」の注文受付を開始しました。


家族をみまもる aiboのおまわりさん セキュリティ セコム パトロール チョコ 「aiboのおまわりさん」は2月中旬より提供開始予定

 「aiboのおまわりさん」は、aiboとの暮らしの中に安心感をプラスする「セキュリテインメント」(※)がコンセプト。aiboに「見つけてほしい人」の顔と名前を登録でき、aiboが作った家の地図の中からパトロールしてほしい場所を指定すると、設定された時間帯に“犬のおまわりさん”のメロディーとともにその人を探し、さらに確認可能な「レポート」として記録してくれます。

※セキュリティとエンタテインメントをあわせたソニーによる造語

 この機能は2月中旬に提供予定の「aiboシステムソフトウェア バージョン2.0」で無償提供されます。また2019年6月から開始する有料サービス「aiboプレミアムプラン」で新たな追加機能を提供予定。セコムとのパートナーシップも開始し、将来的な新機能、サービスの提供を目指すとしています。


家族をみまもる aiboのおまわりさん セキュリティ セコム パトロール チョコ 見つけてほしい人の顔と名前を10人まで「My aibo」に登録可能

家族をみまもる aiboのおまわりさん セキュリティ セコム パトロール チョコ 「My aibo」でaiboが作った家の地図を見ることができ、パトロールする場所と時間帯を設定

家族をみまもる aiboのおまわりさん セキュリティ セコム パトロール チョコ パトロールの状況や毎日の暮らしでのふれ合いの様子をレポートとして「My aibo」で確認できます

 2019年夏には、aiboの開発環境(Web API)を無償で提供予定。これはaiboのソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムの第1弾で、他の企業や団体、教育機関、個人を含むさまざまな商品、サービス等との連携を推進すべく開始します。

 ソニーストア(オンラインストア/直営店舗)では1月23日13時から、特別カラーモデル「aibo チョコ エディション」の注文を受け付け。濃淡の2色の茶色がより犬っぽいデザインとなっており、2月14日までに注文すると特別色のつけかえ用「しっぽ(黒)」をプレゼントするキャンペーンも実施中です。なお、生産数の上限に達し次第、販売終了となります。


家族をみまもる aiboのおまわりさん セキュリティ セコム パトロール チョコ 左:新しい「チョコレート・トライカラー」(右:通常の「アイボリーホワイト」)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.