ニュース
» 2019年01月24日 16時43分 公開

日本マンガ学会が静止画のダウンロード違法化に反対声明 「ユーザーの研究や創作を阻害する」

「著作物の享受や消費行為が、新たな著作物を創造する『生産行為』でもありうるという点が考慮されていない」

[沓澤真二,ねとらぼ]

 文化庁が「ダウンロード違法化」において、静止画(漫画など)やテキストも対象範囲とする方針に対し、日本マンガ学会が反対声明を出しました。「一般ユーザーの萎縮を招き、研究・創作を著しく阻害する最悪の結果となることが予想される」と、厳しい意見がつづられています。


声明 日本マンガ学会の声明。竹宮恵子会長らが連名

 ダウンロードの違法化は、映像と音楽を対象に2012年に始まり、「違法にアップロードされたものと知りながらコンテンツをダウンロードする行為」に罰則が設けられました。このとき静止画とテキストは対象外となりましたが、その後コンテンツ業界の要望や、海賊版サイト問題を受けて、文化庁は静止画のダウンロード違法化を検討。文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会が2018年10月から議論を行ってきました。

 そして同年12月7日、議論の中間報告として「ダウンロード違法化の対象範囲の見直しに関する論点整理(案)」が公開。「著作物の種類・分野による限定を行うことなく、広くダウンロード違法化の対象範囲に含めていくべきとの方向性については、概ね共通認識が得られた」――つまり、静止画などを含むあらゆる著作物を対象範囲とする方針が記載されています。


資料 文化庁の資料(傍線部は編集部で加工)

 これに対して、日本マンガ学会は下記の問題点を指摘。主に、研究や創作が阻害される可能性を懸念しています。加えて、「著作物の享受や消費行為が、新たな著作物を創造する『生産行為』でもありうる点が考慮されていない」と、文化庁の方針を批判。特に日本の漫画文化はこうした「生産行為」を基礎として発展してきたと述べ、静止画のダウンロード違法化に反対しています。

  • 合法とは言い切れない二次創作のダウンロードまで禁止することで、海賊版研究や二次創作研究が阻害される
  • 参考用の図版や資料の入手まで「違法」とするのは、研究や創作の萎縮を招く
  • 動画や音楽と異なり、静止画や文章は違法にアップロードされたものであるか判断が難しい
  • 「漫画村」のようなストリーミング方式の海賊版はまったく取り締まることができない。むしろ一般ユーザーを萎縮させ、研究・創作を著しく阻害する最悪の結果となると思われる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」