ニュース
» 2019年01月24日 17時35分 公開

「岸辺露伴は動かない」表紙を完全再現ッ!  立体なのにイラストにしか見えないレリーフが話題

『リアリティ』こそがエンターテイメントなのさ。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 荒木飛呂彦先生の『岸辺露伴は動かない』より、表紙の岸辺露伴を完全再現したレリーフがTwitterで話題です。


岸辺露伴

岸辺露伴 カラーイラストに見えますが、立体作品です。


 制作者はしょーじ(@sho_g_0079)さん。過去にもジョジョから数々のキャラやアイテムを立体化してきました。

 カラーイラストと見まごう超力作。大まかな作業工程としては「(1)石粉粘土でレリーフを作成→(2)シリコンで型取り→(3)レジンで複製→(4)着色」という流れを経て完成しました。製作期間はおよそ3カ月半。ここからは作業工程を細かく見ていきましょう。



 まずは表紙イラストを石粉粘土に転写し、彫刻刀でレリーフを作成。「気に入らなければガンガン作り直す」がしょーじさんの信条で、彫ったり盛ったりをくり返しながら、幾度のやり直しを経て理想へと近づけていきます。


岸辺露伴 拡大コピーした表紙イラストを粘土に転写

岸辺露伴 このようにアタリをつけます

岸辺露伴 薄くなったので鉛筆でトレース

岸辺露伴 粘土を足してボリュームを出しつつ掘っていきます


岸辺露伴 まだまだ序盤です

 この時点で感動してしまうくらいかっこいい出来ですが、ここからは骨や髪の毛など細部の作り込みへ。サーフェイサーとスポンジヤスリで表面の細かい傷を整えて、ようやく本体の造形が完成しました。ちなみにヘブンズ・ドアーの指輪を作るのは今回が初めてではないのだとか。


岸辺露伴 陰影がくっきりしてきました

岸辺露伴 横から見た図

岸辺露伴 手や髪の毛が作り込まれています

岸辺露伴 元になるレリーフが完成

岸辺露伴 指輪も作っていきます

 シリコンで型取りし、レジンを流し込んで固めたら、色を塗る前のレリーフが完成! 唯一ピアスには本物のペン先が使われており、加工の際にはドリルが一本犠牲になったそうです。『リアリティ』への執念がすごい。


岸辺露伴 シリコンを流し込み……

岸辺露伴 型を作ります

岸辺露伴 レジンで複製。これに色を塗っていきます



 ここからは後半戦です。彫の深い元イラストを再現するために、影の部分にはスミ入れ、細い線はGペンで模写していきます。その線画を透明な塗料で保護したら、いよいよ着色へ。



岸辺露伴 輪郭部分は太くスミ入れ

岸辺露伴

岸辺露伴 Gペンとエナメル塗料で細かい線を引いていきます

岸辺露伴 少しずつ書き込んでいきます

岸辺露伴 この時点で線画のイラストにしか見えません

 塗装はマスキングしながらエアブラシで。着色の過程の途中からは「完成後のビフォーアフターをお楽しみください」という趣向により白黒の写真がアップされていました。


岸辺露伴 エアブラシを使ったのは、筆塗りの色ムラを再現するためとのこと

岸辺露伴 着色用の資料集

岸辺露伴

岸辺露伴

岸辺露伴


岸辺露伴 筆もレジンで作り、自分で着色しています

 最後の仕上げは瞳。何度も描き直しながら、荒木先生の絵柄に近づけていくしょーじさん。最後まで気を抜きません。



岸辺露伴 何度も描き直された瞳。「凄み」があります

岸辺露伴 ついに完成! 製作期間110日の力作です

 そうして完成した作品は、正面から撮影するとイラストにしか見えません。線画までこだわり抜いて模写していたのは「立体なのに輪郭線や色の陰影で絵に見える効果」を狙っていたといいます。



岸辺露伴

岸辺露伴

岸辺露伴

 なお、しょーじさんの過去作品は交流サイト「モデラーズギャラリー」でまとめて鑑賞できます。シアーハートアタックのラジコンは必見です。

画像提供:しょーじ(@sho_g_0079)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.