レビュー
» 2019年01月25日 17時00分 公開

エスコンでも見た日の丸カラー「F-2」超かっけぇ! 帰宅後即出撃不可避になる「浜松エアーパーク」(1/3 ページ)

ここはエスコンファンの聖地!? しかも入場料無料。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「やっと翔べるよぉぉぉ」。2019年1月、フライトシューティングゲームの最新作「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」が発売されました(関連記事)。前作から12年ぶりのナンバリングタイトル、多くのファンは待ちに待っていました。

 筆者もその1人です。もちろん発売日に入手し、雲に飛び込んだ機体に水滴が付いたり、エンジンから噴き出す熱で空気がぼやけたりするリアルな戦闘機の様子や挙動をニヤニヤしながら楽しんでいます。あぁあ、やっぱりエスコンっていいわ……。

「ACE COMBAT(TM) 7: SKIES UNKNOWN」ローンチトレーラー(YouTube/876TVチャンネル)

 そんなエースパイロット気分に浸っている人にぜひとも訪れてほしい場所が静岡県浜松市にあります。それが「航空自衛隊 浜松広報館」、通称「エアーパーク」です。航空自衛隊浜松基地にある広報施設です。

浜松基地 エアーパークの格納庫。こんなのがたーくさんあるんだよぉぉぉ

 エアーパークは「展示機体が豊富」で「無料で入れる」のが特にいいところ! 中でも、今作のエースコンバット7で初めて登場した「F-104」など、これまで航空自衛隊が運用してきたホンモノの戦闘機を間近に愛でられるのです。

 ゲームで操る愛機、その「実物」の迫力やいかに。では早速見学してきましょう。

かっこええ!!「F-104」! “最後の有人飛行機”などとも呼ばれた美しい機体

 でん! いきなり「F-104J スターファイター」です。かつて航空自衛隊で使われた戦闘機。F-104Jは特に目立つエアーパーク中央入り口付近の屋外と、格納庫の中央に1機ずつ展示されていました。

F-104実機 いきなり登場「F-104J(機体番号:76-8698)」! 入口付近で野外展示されていた。三菱重工業がライセンス製造し、「栄光」という愛称も。

 ちなみにF-104Jは、今回のエースコンバット7のオープニングに登場した「F-104C」の派生型です。

F-104 エースコンバット7で登場するF-104

 「これはいいぃぃぃ」……。スマートで美しい機体デザインに少なくとも5分は目を奪われることでしょう。エンピツのように尖って長くてシャープな胴体にちっちゃい主翼、そしてT字型の尾翼。いやー、カッコイイ。

F-104上から ガラス張りの渡り廊下から上部後方をじっくりと観察。ここは、縦長ボディー、ちっちゃい主翼、T字型の尾翼の様子がよく分かるグッドポイント

 初期のF-104には珍しい機能がありました。それが操縦席の脱出装置です。

 戦闘機の脱出装置でよく見かけるのは、パイロットを上に打ち上げる「上方射出」です。しかしF-104は尾翼がT字。尾翼との衝突が懸念されました。このため初期のF-104では、パイロットが機体の胴体下部から射出される「下方射出」だったそうです。

F-104尾翼 F-104のT字尾翼
操縦席 F-104のコックピット付近。ちなみに下方射出型は低高度脱出に明白な課題があり、後期に生産される機体は上方射出型になった

 そのミサイルのように細長い外観からも分かりますが、F-104は同世代の機体の中でも特に優れた機動性を持ちました。当時、これ以上高性能な戦闘機は必要ないという意味で「最後の有人戦闘機」と称されたほどでした。

 こうして自衛隊機のF-104Jも30年近く運用。1995年に退役します。

エアインテーク F-104のエアインテーク(空気取り入れ口)。超高速飛行時にもスムーズに空気を取り入れられるよう、先端にショックコーンと呼ばれるでっぱりが付いている

ACE COMBATTM 7: SKIES UNKNOWN & (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C) DigitalGlobe, Inc. All Rights Reserved.
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.
Powered by Wwise (C) 2006 - 2019 Audiokinetic Inc. All rights reserved.

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する