ニュース
» 2019年01月26日 20時00分 公開

3人の漫画家がリレー漫画に挑戦 → 2人が組み立てた淡い恋物語を最後にギャグ作家がばんばんぶち壊す

ラストページの担当がギャグ漫画家の時点で、不安ではあった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 電車内でふと目が合った男女に、恋の予感が――そんな物語に、3人の漫画家が合作で挑戦しました。「繊細な漫画家」「かわいい女の子が描ける漫画家」「ギャグ漫画家」の順で、各自1ページずつ描き短編に仕上げるリレー形式。ラストページの担当がギャグ作家という不安をはらみつつ、甘酸っぱい恋模様が展開されます。


アイキャッチ 小さな恋のはじまり。でも、続きを描くのが別の作家なので、展開はなかなか読めない

 スターターは「繊細担当」のワタベヒツジ(@watabehitsuji)さん。かわいい女の子に見とれていた青年が、彼女に急に振り向かれ、気まずそうに視線をそらすシーンから始まります。本当に繊細でピュアですね。


1P さすが「繊細担当」

 青年が無関係なおじさんを見ているふりをしてごまかしたところで、作者は「かわいい女の子担当」のホリプー(@horipu)さんにバトンタッチ。青年が見とれていた女の子の視点が描かれます。初めて目が合った青年に視線をそらされて、彼女は残念そう。案外脈アリだと分かり、恋が実りそうな予感はしますが、ここでバトンは「ギャグ担当」のおたみ(@otamiotanomi)さんに渡ります。アンカーの出番だ。


2P さすが「かわいい女の子担当」

 そして物語は、青年が目をそらした先にいたおじさんの視点に。彼は不意に見つめられて、青年は自分のことが好きなのだと勘違いしてしまいます。車内アナウンスの「揺れますのでご注意ください」を聞きながら、おじさんは「おじさんの気持ちが揺れちゃうよ」と、まんざらでもなさそう。作家がバトンを回しているうちに、恋模様が増えた。


3P さすが「ギャグ担当」……若い2人の恋が進む世界線も見たかったけど

 「序盤で整った空気を最後のおじさんが全部持っていった」「おじさんが一番乙女チックでかわいい」「描き手3人の個性と役割分担がしっかりしていて、それも笑いを生んでいる」など、漫画は好評を博しました。その後3人は第2弾第3弾を制作。青年と女の子が組み立てた流れを、3ページ目でおじさんがぶち壊すスタイルをすっかり確立しています。


作品提供:ワタベヒツジ(@watabehitsuji)さん/ホリプー(@horipu)さん/おたみ(@otamiotanomi)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる