ニュース
» 2019年01月28日 13時44分 公開

「宅ふぁいる便」特定期間にのみ取得していた個人情報も漏えい 勤務先の郵便番号、配偶者など

宅ふぁいる便を装うフィッシング等の偽装メールに注意を呼びかけています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」を運営するオージス総研は1月28日、同サービスで発生した不正アクセスによる個人情報漏えいについて、特定期間においてのみ取得をしていた個人情報などについても漏洩していることが分かったと発表しました。現時点で個人情報漏洩による二次被害は確認されていないとのこと。


ふぁいる便 個人情報 漏えい 今回新たに漏えいが確認された情報

 今回新たに漏えいが確定した個人情報は、「氏名のふりがな」「メールアドレス2」「メールアドレス3」。さらに、2005年〜2012年の期間でのみ設けられていた質問の回答「居住地の郵便番号」「勤務先の都道府県名」「勤務先の郵便番号」「配偶者」「子供」。この内、「配偶者」と「子供」については、該当する選択肢番号を選ぶ形式のため、具体的な回答の内容は明記されていません。

 オージス総研は、「宅ふぁいる便」と同一のユーザーID(メールアドレス)、ログインパスワードを用いて他のウェブサービスを利用している場合、ログインパスワードを変更するよう呼びかけています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.