ニュース
» 2019年01月29日 11時54分 公開

これはまさしく全自動断捨離(人力) ラクマ×ベアーズ×トリクルの「楽ラクお助け隊」スタート

片付け→出品代行までしてくれる。

[ねとらぼ]

 フリマアプリ「ラクマ」(楽天)、家事代行「ベアーズ」(ベアーズ)、出品代行「トリクル」(Spice)の3社が連携したサービス「楽ラクお助け隊」が1月29日、申し込み受付を開始しました。片付けと代理出品を一括でやってくれるサービスです。すごい時代が来た。

楽ラクお助け隊 ラクマ×ベアーズ×トリクル協業の新サービスがスタート

 サービスの内容は、(1)「ベアーズ」の専門スタッフが自宅に来て、要望に応じた片付けをする、(2)片付け中に発生した売りたいアイテムを「トリクル」が回収する、(3)回収されたアイテムが「ラクマ」で出品(取引はトリクルが代行)される、(4)トリクルから後日売り上げを入金……というもの。

楽ラクお助け隊 サービスの流れ

 フリマアプリユーザーの課題である「出品前の片付け」「商品の出品・取引作業」の手間を解消することを狙ったサービス。確かに部屋を片付けていると、「これは売れるかも……」と物を脇によけたものの、売るのが面倒でそのまま放置していることってある……。片付けから売るところまでワンストップでやってもらえるのは捗りますね。

 料金は3時間で税別1万7900円(スタッフ2人)。延長料金は30分あたり税別3800円、スタッフ交通費は税込1800円です。またトリクルの出品代行手数料は、売り上げ×30%+購入者への送料になります。料金設定は決して安くはありませんが、片付けや事務作業が苦手な人や、人の力を借りて思いっきり断捨離してみたい人には試してみる価値がありそうです。

楽ラクお助け隊 出品代行手数料の詳細

 サービスの申し込み受付期間は1月29日〜4月30日、提供期間は2月10日〜5月31日です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.