ニュース
» 2019年01月30日 19時30分 公開

「人に甘えるってどうやるんだっけ……」 疲れたOLを猫耳ちゃんが癒やそうとする不思議な漫画に癒される人続出(1/2 ページ)

キミと一緒だと笑顔になれる。

[林美由紀ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 なんだかお願いするのは悪い気がする、自分でやった方が早い、自分がやらなくては……理由は違えど、人に頼ったり甘えたりするのが苦手な人っているものですよね。でも「甘える」って、ステキなことなのかもしれません。漫画家の足袋はなお(@wooden_clogss)さんが「お疲れOLを癒したい猫耳ちゃんの話」としてTwitterで公開した漫画に3万件以上のいいねが集まり、人気になっています。


癒しの猫耳ちゃん43 甘え方が分からない主人公なっちゃん

 主人公のなっちゃんが子どもの頃、旅館を営むおじいちゃんが骨董市から招き猫のようなものを買ってきます。顔のない招き猫に、ニッコリ笑顔の絵を描いたなっちゃん。なんでもこの招き猫に顔を描くと、持ち主もその顔の通り(笑顔)になるといういわくつきらしいのです。なっちゃんはじーちゃんもばーちゃんもこの旅館に来る人もみんなが笑ってくれるように、とその招き猫のようなものを旅館の玄関に飾ります。


癒しの猫耳ちゃん01 おじいちゃんが骨董屋で買ってきた不思議な置物?


癒しの猫耳ちゃん02 ニッコリした顔を書き入れたなっちゃん


癒しの猫耳ちゃん03 この招き猫に描き入れた顔と同じことが持ち主にも起こるらしい

 15年後、大人になり就職したなっちゃんは、おじいちゃんが亡くなって廃業した旅館に「タダだから」という理由で住むことになりました。大掃除をしていると、納屋であの招き猫を見つけます。慣れない都会での新生活、友人もできないまま……そんな日々を送っていた彼女は、飲みながら招き猫相手にうまく人に頼れないことを愚痴ります。


癒しの猫耳ちゃん10 もっと誰かに頼れたら何かが変わっていたのかな

 人への甘え方が分からない……そんななっちゃんのもとに現れたのは猫耳の女の子。なんとあの招き猫だというのです。


癒しの猫耳ちゃん15 招き猫が温かいものに変身!?


癒しの猫耳ちゃん19 この子は招き猫

 落ち込んでいるなっちゃんに昔のように笑顔になってほしいという猫耳ちゃん。「なっちゃんがニコニコできるならなんでもしたい」と言ってくれますが、「私には必要ないかな」「自分の力で解決しなきゃ」と拒んでしまいます。その言葉を聞いて、出て行ってしまう猫耳ちゃん。

 罪悪感にさいなまれながら仕事に出掛けたなっちゃん。そのせいで仕事は大変なことになってしまいますが……猫耳ちゃんのことを思い出し、手をさしのべてくれた同僚に頼ることができました。


癒しの猫耳ちゃん28 なっちゃんが人を頼れるようになった!

 行く当てもなく戻ってきた猫耳ちゃんを迎え入れるなっちゃん。迷惑をかけたとボロボロ涙をこぼして謝る猫耳ちゃんに、「人に甘えるのは全部悪いこと」だと勘違いしていたこと、甘えられてのはうれしかったことを告げます。猫耳ちゃんは「ニケ」(毛色が2色なので)という名前をもらい、2人のニコニコな暮らしが始まるのでした。


癒しの猫耳ちゃん38 キミと一緒だと笑顔になれる

 不思議な出会いがこれまでの価値観をガラッと変える――じーんと来るお話です。2人の関係性や猫耳ちゃんのかわいらしさにも癒されます! 漫画を読んだ読者からは「人に甘えるのが下手なので親近感がある」「癒される」「暖かくて、ほっこりするような漫画」などの感想が寄せられています。


癒しの猫耳ちゃん00

 この漫画『佐本家のニケ』はアプリ漫画誌「少年ジャンプ+」で読むことができます。作者の足袋はなおさんは、同誌で『とけだせ!みぞれちゃん』という、溶けまくる雪女が夏に挑むコメディー漫画を連載中です。癒されたい人はチェックしてみるとよいでしょう。コミックス1巻が2月4日に発売されます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  2. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  3. /nl/articles/2312/02/news075.jpg 黒木啓司の妻・宮崎麗果、1年空けずにフェラーリを追加購入 愛車は高級外車ぞろい「何台目!?」「カッコいいの一言」
  4. /nl/articles/2312/07/news009.jpg 「入居者が全くいない」ボロボロの築古アパートをリノベしたら……? 驚愕の“激変ぶり”に「すてきです!」
  5. /nl/articles/2312/03/news018.jpg 黒猫に見えるニャンコ、“かわいすぎる秘密”をかくし持っていた……! まさかの事実に「じゃないんだ」「白い……!」
  6. /nl/articles/2312/03/news015.jpg ハムスターが「寒い寒い!」とスライディングお布団→「スヤァ」 人間味あふれる“ぬくぬく姿”が「可愛すぎ注意」と話題
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2312/03/news012.jpg 猫たちがストーブの特等席を陣取るが、大事な事に気付き…… 「おかあさーん!!」とシンクロで訴える姿に冬の訪れを感じる
  9. /nl/articles/2312/02/news003.jpg ちいかわデザインのおくすり手帳を開いたら……? “まさかの中身”に衝撃走る「絶対に笑ってはいけない」
  10. /nl/articles/2311/30/news197.jpg 一世風靡の52歳元アイドル、がん受診の遅れ巡って後悔しきり 同じ病で亡くした母思い「怖さわかってるはずなのに」「自業自得なんです」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」