ニュース
» 2019年01月31日 10時00分 公開

GPSを使って地図上に描くスヌーピー 「スヌーピーラン」企画者に話を聞いた

始まりは毎年の干支を描く「干支ラン」の活動でした。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京の地図に描かれたスヌーピーのイラストが、かわいらしくてすてきです。これはGPSアプリを利用し、走行経路で地図上に絵を描く「ランニングアート」によるもの。大地丙太郎監督が話題にしたことをきっかけに、Twitterで注目を集めています。


2019年版 ウッドストックも一緒!

 この「スヌーピーラン」という企画を立ち上げたyuka.co(@yuka__co)さんに話を聞いたところ、始まりは2018年のこと。毎年の干支をランニングアートで描く「干支ラン」イベントに参加した際、同年(戌年)のコースデザインを考えたのがきっかけなのだそうです。


亥年 2019年(亥年)の干支ランも、yuka.coさんがコース制作を担当。総走行距離は約28キロ

 もともとキャラクター作りが好きだったyuka.coさんは、地図を見ながら犬らしいラインを模索しているうちに、スヌーピーが描けそうだと思い付きました。その後は、イメージした線を地図上に反映し、見た目と距離のバランスをとりながら何度も修正。コースがほぼ固まると、検証のため試走します。


過程 初代スヌーピーコースの制作過程。初期段階では、ちょっと頭がソリッド

過程 整ってきたけど、まだ後頭部が不安かも

過程 全体的に丸みを帯びてかわいらしくなりました

 企画は実行する前から反響が大きかったため、入念な準備がなされました。集団で30キロ以上の長距離を走るため、道中に工事はないか、休憩のとれる大きめのコンビニはないか、全行程で何時間程度かかるかなど、試走中はさまざまな角度からチェックが行われます。初めてスヌーピーコースを作ったときは、試走を3回も重ねたのだとか。

 そして本番では2日間、1日40人が走り大いに盛り上がったそうです。東京タワーや新橋、六本木など観光もできるよう考えて作ったコースは、yuka.coさんにとって思い入れの深いものとなりました。今後も大勢で走って楽しめるイベントにしていきたいと考えており、詳細はTwitterとInstagramで伝える予定とのことです。


2018 2018年に完成した、ハートつきスヌーピー。コースに六本木のスヌーピーミュージアム(現在は閉館。2019年秋に町田市へ移転し再開予定)を入れる心憎さよ

画像提供:yuka.co(@yuka__co)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう