ニュース
» 2019年01月31日 19時30分 公開

進化したがらないイーブイを助けてほしい 女の子トレーナーの願いを聞いてあげる漫画、ラストに涙腺崩壊

グラシデアのはなの意味も……。

[林美由紀,ねとらぼ]

 ゲーム「ポケットモンスター」のイーブイといえば、サンダースやシャワーズをはじめさまざまな姿に進化するポケモン。でも、どうしても進化したがらないイーブイがいて、ご主人様が心配している……そんなストーリーの漫画にTwitterで涙腺崩壊する人が続出しています。


進化しないイーブイ06 イーブイは何で進化しないの?

 主人公のトレーナーの男の子は、ある女の子から自分のイーブイが進化しないから心配だと相談されます。当のイーブイに「君はどうして進化しないの?」と話しかけると、毛を逆立て警戒されてしまい、なかなか手強そう。

 それでも「ご主人様が君に進化してほしいって言ってるよ」「約束を守れなくてごめんねって」「バトルできるようこっそりワザの練習をしてたの知ってるって」と、優しく女の子の声を代弁し続けます。次第に涙ぐむイーブイ。「ちゃんと進化してくれたらすごく嬉しいってさ」と伝えると、安心したのか男の子の胸に顔をうずめるのでした。


進化しないイーブイ01 女の子に相談されたトレーナーの男の子がイーブイに話しかけます


進化しないイーブイ02 イーブイも進化するのを楽しみにしていた

 場面が変わり、イーブイが進化する決意をしたことを男の子は女の子に報告します。「これ、イーブイが君にって」と、感謝の気持ちを表す「グラシデアのはな」を渡すと、女の子は「お兄ちゃん本当にありがとう!」とはしゃいで喜ぶのでした。しかし「どういたしまして」とあいさつを返すと、そこに女の子の姿はなく、あるのはお墓だけです。

 そう、女の子はポケモンバトルが許される年齢を迎える前に他界しており、イーブイは一緒にバトルできる頃に進化する約束をしていたのでした。思い出や約束に縛られ進化できなくなっているイーブイに前へ進んでもらうために、亡くなってしまった女の子と会話できる男の子が、イーブイにその気持ちを代弁してあげたのです。

 最後のコマでは、ニンフィアに進化して微笑んでいるイーブイの姿が。ニンフィアは進化の石を使わず、パートナーとのふれあいを通し親密になることでようやく進化できるポケモンです。もう現実に女の子はいないけど、2人の絆は永遠になったのかな……?


進化しないイーブイ03 この世にいない女の子の気持ちを届ける


進化しないイーブイ04 女の子とイーブイの絆は強い!

 この漫画を読んだ読者からは「涙腺持ってかれた」「仲良し度で進化するニンフィアに進化したところもグッときました」など共感を得ています。最後、安心した女の子は天国へ旅立っていくのでしょうか……うう、涙が止まらない!

 作者は、萬(@YRZ_oou)さん。Twitterでポケモンを中心としたイラストや漫画などを公開しています。マンガに出てくる男の子は以前から考えていたキャラクターで、これからシリーズにしていきたいのだそうです。他のポケモン漫画はモーメントから読むことができます。


進化しないイーブイ05 ビカチュウがイーブイに、イーブイがピカチュウに変身する4コマも

画像提供:萬(@YRZ_oou)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」