ニュース
» 2019年01月31日 15時55分 公開

ぺんてる修正液のキャップはペン先の掃除に使えるのか! 公式Twitterも知らなかったデザインの秘密

キャップ先端の溝にペン先を入れてぐりぐり。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ぺんてるの修正液は、キャップの先端に溝が入っています。公式Twitterによると、この溝はペン先が詰まったとき、固まったインクを掃除するためにあるのだそうです。知らなかった……!


ぺんてる修正液 多くのオフィスで目にするおなじみの修正液

溝 キャップの先端をよく見ると、凹凸のついた溝が

掃除 詰まって出が悪くなったペン先を、溝に入れてぐりぐり。固まったインクのカスがはがせる

 掃除のやり方は、溝へペン先を突っ込んで回すだけ。すると、溝の内側にある凹凸とこすれて、インクのカスがはがれるというわけです。これは公式アカウントも知らなかった事実で、「ラベルやパッケージには特に書いていないことなので、あまり知られていないように思います」とコメントしています。


 ツイートには「これまで爪ではがしていた」「ティッシュでふいていた」など、初めて知ったという反応が多数。なお、修正液のデザインについては、ペン先の構造や、ボディーに段差がついている理由など、さらに踏み込んだ話が公式ブログに載っています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.