ニュース
» 2019年02月02日 10時30分 公開

繊細で色鮮やか! 手鞠と花の消しゴムはんこ画が美しい

消しゴムはんこって、ここまで細やかな表現ができるんですね。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 消しゴムはんこ画家の田口奈津子(@naco_hinata)さんの作品がTwitterで称賛を集めています。鮮やかな色と繊細な線で表現している手鞠と花は、これぞプロの技……!

 桜や梅、牡丹などの色とりどりの花を背景に、細かな模様が刻まれた手鞠が並んでいます。色のグラデーションのためか、はんこ画でありながら立体感が感じられます。この作品のために作成したはんこは17個、色は30色使用しているそうです。大きさは、鞠の線を彫っているはんこがはがきサイズに収まる程度。豊かなセンスと緻密で丁寧な仕事ぶりに、Twitterでは「すごく奇麗」「感激しました」という感想が寄せられています。中には英語のリプライも。

手鞠と花 手鞠と花
アップした様子 アップした様子
これがはがきに収まる程度のサイズ これがはがきに収まる程度のサイズ
作成した17個のはんこ 作成した17個のはんこ

 田口さんは、はんこを押している様子を写した動画も公開しています。輪郭線を押してから複数の色を上から重ねていますが、ぴたりと形も位置も合っており、作品に込められた手間と技術を垣間見ることができます。彫るときはカッター1本と彫刻刀1本しか使用しないとのこと。それだけで、ここまで細やかな表現が可能なのですね。

まずは手鞠のはんこを押して……
色を重ねていきます
色をぴったり重ねる正確さがすごい

 田口さんはこれまで共著を含め30冊以上本を出版しており、毎日放送のテレビ番組「プレバト!!」で消しゴムはんこコーナーを担当しています(次回出演は2月7日の予定)。

画像提供:田口奈津子*消しゴムはんこ(@naco_hinata)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む