コラム
» 2019年02月02日 11時30分 公開

最近、Twitterの「規制垢」を見なくなったけど、何でだろう

Twitterにも規制が厳しい時代があってな……(遠い目)。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 昔はのう、Twitterもできたばっかりでな、一度にたくさんつぶやくとアカウントが規制されたんじゃ。

 テレビ番組の実況なんかしとるとすぐにロックがかかって困るもんじゃから、「規制垢」なんて別のアカウントを作って対処したもんじゃよ。

 今ではネットも速くなって、「バルス」でサーバーがダウンする様を楽しむまでになったのう。良い世の中になったもんじゃ。


ほとんど規制されなくなった

 さて、一昔前はよく見かけた「規制垢」、よく考えると今ではほとんど見かけなくなった気がする。サーバの処理性能が上がるなどして、規制の必要自体が薄れているのだろう。



 では、具体的にどのくらい多くのツイートができるようになってきたのか。


ヘルプセンターに記載があった

 公式の「Twitterリミットについて」を参照すると、現在は


ツイート: 1日あたり2,400件が上限です。1日あたりのツイート数のリミットは、さらに30分単位のリミットに分けられています。リツイートもツイートとしてカウントされます。


 とのこと。TV番組の実況などに影響が大きそうな30分単位の上限は明言されていないが、「2400÷48=50ツイート」が目安になりそうだ(計算は、1日単位の上限から30分単位のそれを単純計算したもの)。


昔はどのくらいツイートできたのか

 では、昔の上限はどのくらいだったのか。公式な記述は見当たらなかったが、海外のニュースサイト「ADWEEK」の記事(2011年8月30日付)に、こんな記述があった。


Twitter says you can only send out 1,000 tweets per day. That includes retweets. Plus, Twitter breaks this daily limit down into semi-hourly intervals, so that accounts cannot post more than a certain number of times per hour or so.

 つまり、2011年時点では一日あたりの上限が1,000件だったらしい。30分単位に直すと約21件で、現在の40%程しかつぶやけなかったということになる。

 だいたい「1分半に1件のペースで投稿」するとこの値に達してしまうが、実況しているとこのペースは割とシビアなラインだと思う。そりゃあ、規制垢を作る人も出てくるよね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」