コラム
» 2019年02月02日 11時30分 公開

最近、Twitterの「規制垢」を見なくなったけど、何でだろう

Twitterにも規制が厳しい時代があってな……(遠い目)。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 昔はのう、Twitterもできたばっかりでな、一度にたくさんつぶやくとアカウントが規制されたんじゃ。

 テレビ番組の実況なんかしとるとすぐにロックがかかって困るもんじゃから、「規制垢」なんて別のアカウントを作って対処したもんじゃよ。

 今ではネットも速くなって、「バルス」でサーバーがダウンする様を楽しむまでになったのう。良い世の中になったもんじゃ。


ほとんど規制されなくなった

 さて、一昔前はよく見かけた「規制垢」、よく考えると今ではほとんど見かけなくなった気がする。サーバの処理性能が上がるなどして、規制の必要自体が薄れているのだろう。



 では、具体的にどのくらい多くのツイートができるようになってきたのか。


ヘルプセンターに記載があった

 公式の「Twitterリミットについて」を参照すると、現在は


ツイート: 1日あたり2,400件が上限です。1日あたりのツイート数のリミットは、さらに30分単位のリミットに分けられています。リツイートもツイートとしてカウントされます。


 とのこと。TV番組の実況などに影響が大きそうな30分単位の上限は明言されていないが、「2400÷48=50ツイート」が目安になりそうだ(計算は、1日単位の上限から30分単位のそれを単純計算したもの)。


昔はどのくらいツイートできたのか

 では、昔の上限はどのくらいだったのか。公式な記述は見当たらなかったが、海外のニュースサイト「ADWEEK」の記事(2011年8月30日付)に、こんな記述があった。


Twitter says you can only send out 1,000 tweets per day. That includes retweets. Plus, Twitter breaks this daily limit down into semi-hourly intervals, so that accounts cannot post more than a certain number of times per hour or so.

 つまり、2011年時点では一日あたりの上限が1,000件だったらしい。30分単位に直すと約21件で、現在の40%程しかつぶやけなかったということになる。

 だいたい「1分半に1件のペースで投稿」するとこの値に達してしまうが、実況しているとこのペースは割とシビアなラインだと思う。そりゃあ、規制垢を作る人も出てくるよね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン