コラム
» 2019年02月02日 11時30分 公開

最近、Twitterの「規制垢」を見なくなったけど、何でだろう

Twitterにも規制が厳しい時代があってな……(遠い目)。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 昔はのう、Twitterもできたばっかりでな、一度にたくさんつぶやくとアカウントが規制されたんじゃ。

 テレビ番組の実況なんかしとるとすぐにロックがかかって困るもんじゃから、「規制垢」なんて別のアカウントを作って対処したもんじゃよ。

 今ではネットも速くなって、「バルス」でサーバーがダウンする様を楽しむまでになったのう。良い世の中になったもんじゃ。


ほとんど規制されなくなった

 さて、一昔前はよく見かけた「規制垢」、よく考えると今ではほとんど見かけなくなった気がする。サーバの処理性能が上がるなどして、規制の必要自体が薄れているのだろう。



 では、具体的にどのくらい多くのツイートができるようになってきたのか。


ヘルプセンターに記載があった

 公式の「Twitterリミットについて」を参照すると、現在は


ツイート: 1日あたり2,400件が上限です。1日あたりのツイート数のリミットは、さらに30分単位のリミットに分けられています。リツイートもツイートとしてカウントされます。


 とのこと。TV番組の実況などに影響が大きそうな30分単位の上限は明言されていないが、「2400÷48=50ツイート」が目安になりそうだ(計算は、1日単位の上限から30分単位のそれを単純計算したもの)。


昔はどのくらいツイートできたのか

 では、昔の上限はどのくらいだったのか。公式な記述は見当たらなかったが、海外のニュースサイト「ADWEEK」の記事(2011年8月30日付)に、こんな記述があった。


Twitter says you can only send out 1,000 tweets per day. That includes retweets. Plus, Twitter breaks this daily limit down into semi-hourly intervals, so that accounts cannot post more than a certain number of times per hour or so.

 つまり、2011年時点では一日あたりの上限が1,000件だったらしい。30分単位に直すと約21件で、現在の40%程しかつぶやけなかったということになる。

 だいたい「1分半に1件のペースで投稿」するとこの値に達してしまうが、実況しているとこのペースは割とシビアなラインだと思う。そりゃあ、規制垢を作る人も出てくるよね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響